レアジョブ、タイのオンライン英会話事業者Globish社に追加出資を決定

人にまつわるデータを活用し、グローバルに活躍する人々を生み出す株式会社レアジョブ(以下、レアジョブ)は、タイのオンライン英会話事業者・Globish Academia(Thailand)Company Limited(以下、Globish社)への追加出資を決定したことを発表した。

追加出資の経緯

レアジョブは“Chances for everyone, everywhere.”をグループビジョンに掲げ、「グローバルに人々が活躍する基盤を作る」ことを目指して事業を展開している。

また、事業のグローバル展開を重要な取り組みの一つと位置づけ、海外のEdTechプレイヤーとの提携を拡大している。

今回追加出資を行うGlobish社は2019年6月に出資し、タイを中心にアジアの市場における事業拡大に向け事業連携の可能性などの検討を進めてきた。

その後、Globish社の事業は堅調に成長しており、タイの英語教育市場における同社の成長可能性は高いと考え、今回のGlobish社の資金調達において追加での出資の決定へと至ったという。

「PROGOS」を中心としたGlobish社との連携について

追加出資を契機とし、両社事業における連携を本格的に強化していくことを合意。

具体的な取り組みとして、レアジョブが提供するAIを活用した英語スピーキングテスト「PROGOS」や、「レアジョブ英会話」サービスをタイ市場において、Globish社の顧客向けに販売することを目指す。

今回の取り組みは、2021年3月12日に発表した法人事業分社化のお知らせにおける「PROGOS」の受験者数年間100万人達成に向けた取り組みの一つであると同時に、「PROGOS」を軸にしたグローバル展開の一歩目として位置づけている。

今後も、成長戦略の一つの柱である海外市場における連携を強化させながら、海外事業を拡大させ、EdTech企業のリーディングカンパニーとして、世界と渡り合える企業へと成長を目指していく。

参考:過去の海外EdTechプレイヤーへの出資

  • 2019年6月  タイオンライン英会話事業者 Globish社
  • 2019年11月  インドオンライン英会話事業者 Multibhashi社