レアジョブ英会話、NHK語学番組「NHK実践ビジネス英語」の教材が利用可能に

人にまつわるデータを活用し、グローバルに活躍する人々を生み出す株式会社レアジョブ(以下、レアジョブ)は、株式会社NHKエデュケーショナル(以下、NHKエデュケーショナル)の協力のもと、オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」にて、NHK語学番組「NHK実践ビジネス英語」を用いたプログラムを提供開始することを発表した。

レアジョブ英会話の「NHK実践ビジネス英語」を用いたプログラムの概要

今回、「レアジョブ英会話」を通じて利用できる教材「NHK実践ビジネス英語」では、“インプット学習(読む・聞く)”とレッスンを行う“アウトプット学習(ディスカッション)”の2段階に分けて、学習機会を提供する。

ビジネスシーンのあらゆるテーマに対して、インプット学習で思考力を鍛え、アウトプット学習で発信力を鍛えることを目指す。

なお、「アウトプット学習」については、現在提供準備を進めており、2021年秋頃の提供開始を予定している。

教材利用の流れ

➀「インプット学習」教材を音声とテキストでインプットする=思考力を鍛える

レッスンの事前学習として、「NHK実践ビジネス英語」で提起される話題について、自分の意見を準備する(レッスン以外の時間に自己学習で実施)。

※②のサービス提供開始までは、思考力を鍛えるトレーニングとして活用できる。

➁「アウトプット学習」レッスンで意見をアウトプットする=発信力を鍛える

オンラインレッスンで、事前学習で用意した意見を発信しながら、ディスカッションを体験する。 ※2021年秋頃のリリースを予定。

教材の提供背景

ビジネスシーンにおいて「さまざまな話題について話せる」状態になるためには、多様な話題に触れ、思考し、自分の意見を発信する力を身につけることが必要。

近年、「レアジョブ英会話」を利用する中上級レベル以上の受講者を中心に、ビジネストレンドといった一般的な話題について、英語で理解を深め、ディスカッションを行う機会を求める声が寄せられていた。

また、レアジョブが行った受講者向けアンケートの結果では、NHK英語講座を使って学んでいる人が多く、「レアジョブ英会話」のレッスンと連動した教材利用が期待されていた。

そこで今回、番組制作をおこなうNHKエデュケーショナルと、オンライン英会話業界として日本で初めて協力し、「レアジョブ英会話」で、NHK語学番組「NHK実践ビジネス英語」の教材を取り入れることとなった。

そしてこのプログラムは「ビジネス英会話コース」を受講中の会員は追加費用なく利用できる。

レッスン用のアウトプット学習教材は、2021年秋頃のリリースを予定しており、まずはインプット学習に活用できる、「NHK実践ビジネス英語」の音声とテキストを提供する。

「NHK実践ビジネス英語」は、世界の時事問題やビジネストレンドなど、ビジネスシーンにおいて想定されるテーマを取り入れた内容で、番組テキストは月間発行部数13万部(2019年時点)と、多くの英語学習者に利用されている。

また、今回のコラボレーションにより、番組を聴取するだけではできなかった、学んだ内容を「話す」練習ができるようになり、学習者にとって効率的に英会話学習を行えるようになる。

学習内容

該当コース

「ビジネス英会話コース」を受講中の、個人会員(法人会員を除く)が利用できる。

利用料金

「ビジネス英会話コース」通常料金(月額10,780円)で利用可能。