角川ドワンゴ学園N高等学校、卒業生約4,300名に「LasTrust」提供のブロックチェーン卒業証書を発行

ブロックチェーン証明書スタートアップLasTrust株式会社(所在地:東京都文京区、代表:圷 健太、以下LasTrust)は、今回角川ドワンゴ学園N高等学校(所在地:沖縄県うるま市、校長:奥平博一)の卒業生約4,300名に対し、ブロックチェーン卒業証書の提供を行ったことを発表した。

ブロックチェーン卒業証書について

ブロックチェーン卒業証書は、LasTrustが提供するブロックチェーン証明書発行SaaS「CloudCerts(読み:クラウドサーツ。特許出願済み)」から発行された。

証明書発行元の企業(学校法人や一般企業)は、証明書の原本となるデータをCloudCertsを介してブロックチェーン上に記録することで、改ざんできない公式なデジタル証明書を発行できる。

ブロックチェーン証明書は、スマホやウェブブラウザ上で閲覧・管理ができ、SNSへのアップロード、採用担当者へのメール送付など、紙の証明書では実現できないDXとの親和性がある。

また、証明書の書式とそのデータが正しいことを検証する機能がオープンソースであること、証明書のデータをパブリックブロックチェーン上に記録することで、証明書発行元が閉業、あるいはLasTrustがサービスを停止した場合でも証明書の正しさが担保され、非中央集権的にデータの信頼性が持続する。

ブロックチェーンで担保された証明書のメリットまとめ

  • 証明書のデータは暗号化(ハッシュ化)され、ブロックチェーン上で分散管理されるため、偽造や改ざんができず、学修歴の記録として最適
  • コロナ禍で行事やイベント開催が難しい状況でも、非接触で公式証明書の授与が可能
  • ペーパーレスを実現。資源の削減とSDGsへの貢献(目標12「つくる責任、つかう責任」と、目標13「気候変動に具体的な対策を」の取り組み)
  • 紙の証明書に比べ、発行にかかる時間、手間がかからない。付加価値が低い窓口業務を減らせる
  • 紙の証明書に比べ、発行コストが割安
  • 証明書をメール添付して採用担当者へ送付、あるいはSNS、ブログへの貼り付けなど他サービス上での表示が容易。企業の認証マーク等も正しさを担保できる
  • 紙の修了証書を保管する必要がなく、PCやスマートフォンでいつでもどこでも表示でき、さらにその内容が正しいかその場で検証する機能がある

ブロックチェーン卒業証書の拡張性

学修者の学習履歴(スタディログ)がブロックチェーンネットワークで分散的に記録されるため、採用担当者や進学先担当者への共有がスムーズになり、学修者は学んだ実績やスキルの外部共有、キャリアパスの最適化が期待できる(記録先のチェーンはEthereum、Bitcoinに対応。Blockcerts準拠)。

少子高齢化により教育機関の統廃合が進む昨今、卒業生の学びの実績を誰がどのように保管するのかが問われている。

ブロックチェーン証明書は、学習者の学習履歴を安全かつ半永久的に担保できるため、時代が求めるニーズを満たす技術であるとLasTrustは考えている。

受注から発行、納品を非接触で実現

今回のプロジェクトは、新型コロナウィルスの感染リスクも鑑み、受注から発行・納品まで、全行程を非接触で完結した(紙の卒業証書と同時発行。正式な証書は紙として発行)。

CloudCertsはオンラインで利用できるSaaSで、成果物もデジタル形式のため非接触で公式な証書の提供が可能。

発行実績(一部抜粋)

  • N高等学校
  • ビジネスブレークスルー大学 大前経営塾
  • オリックス銀行
  • Classix
  • 某地方自治体
  • サートプロ
  • 某資格提供団体
  • 某音楽大学
  • 某芸術大学
  • VRアカデミー …他多数

あらゆる業態でブロックチェーン証明書の応用が可能

CloudCertsは、教育機関向けの証明書に加え、社員証、行政が発行の各種証明書、製品保証書、不動産の権利移転証明、会計事務所の証憑など、改ざんリスクのある様々な証明書をデジタル化し、ブロックチェーン技術で内容の担保が可能なプラットフォーム。

導入企業はブロックチェーン技術の知識や特別なソフトウェアをインストールすることなく、クラウド上で証明書の発行と管理が可能。

オンラインとオフラインの境界が溶けつつある現代、LasTrustは「紙に書かれた情報を信頼性を保ったままデジタル化」でき、かつ「そのデータが正しいか、いつでも誰でも簡単に検証できる」ブロックチェーン証明書の機能で、あらゆるサービスの信頼性と利便性向上に寄与していく。