スタディサプリ ENGLISH、授業や家庭で楽しく学習でき”使える英語”が身につく学校向けの新サービスを開始

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:柏村 美生)が提供するオンライン英語学習サービス『スタディサプリ ENGLISH』は、学校向けに2021年4月より『スタディサプリ ENGLISH 中高生英会話コース』の提供を開始することを発表した。

『スタディサプリ ENGLISH 中高生英会話コース』概要

新サービス『スタディサプリ ENGLISH 中高生英会話コース』を2021年4月1日より学校向けに提供開始

『スタディサプリENGLISH』は、2015年の提供開始より、英語学習ニーズの高い社会人だけではなく、全国の高校へも導入され、多くの先生・生徒に利用されている。

現在、新大学入試において「読む」「聞く」「話す」「書く」の英語4技能が評価されるなど英語教育改革に加え、新型コロナウィルスの影響による休校など、先生の指導の在り方は大きな変化のただ中にある。

そのような状況の中、先生からの要望の多い、授業の中で機会を作ることが難しい「一人ひとりが英語力を活用する」機会を増やす役割を担う新サービス、『スタディサプリENGLISH 中高生英会話コース』の提供を開始する。

5大特徴

1.中高生を主人公とした、飽きのこないドラマ式レッスン

シナリオ制作会社が書き起こした、飽きの来ないオリジナルストーリー。

生徒の継続的な学習を実現する。

2. 全学年・様々なレベルに対応した、豊富なコンテンツボリューム

レベル1から7に分かれ、240レッスンが用意されている。

学年ごとに取り組むレベルを分けて活用できる他、同じ学年やクラスの中でも、生徒の英語力の違いに応じて取り組むレベルを変えれば、一人ひとりに最適化された学習を実現できる。

3. 幅広い、高品質なトレーニングと学習機能で、英語が”聞ける・話せる”

AIを用いた発話内容の自動評価機能により、楽しみながら発話練習の機会を増やすことが可能。

繰り返し学習を通じて、使える英語表現が増え、スピーキング力の向上につながる。

4. 有名ネイティブ講師を起用した、”本当に使える英語”が身につく

NHK英会話タイムトライアル講師であるスティーブ・ソレイシィ先生による解説動画は、英語における日本人の陥りやすいポイントをおさえ、中学校で習う日常会話表現から抽象的な内容を英語で伝えるレベルまでどんどん力を伸ばせる。

5.生徒の学習を促す宿題配信機能と管理画面で、先生の日頃の指導に活用できる

生徒の取組み状況がわかり、課題配信機能を通じて学習を促進することができる。

また、授業内の小テストや定期テストに活用可能な教材データ・チェックテストキットも利用できる。

具体的な活用シーン

校内の朝学習で:朝の10-20分を『スタディサプリ ENGLISH』の時間に設定し、学習の習慣化を実施

  • 会話文を題材とした内容理解クイズや、聞き取れた英語をタイピングするディクテーションでリスニング力アップの時間に。
  • 聞こえた英文を追いかけて発話するシャドーイングや、AIを用いた発話練習でスピーキング力を高める時間に。

校内の授業で:チェックテストキットを活用し、生徒の定着度を測り、必要に応じて補足解説を実施

ダウンロードすれば音源付きですぐに利用可能なディクテーションテストや、キーフレーズの書き取りを行うテストを豊富に用意。正答状況に応じて解説を行うことで、生徒の理解を深める。

家庭学習で:課題配信機能を用いて、週末や長期休暇中の宿題として活用

学習時間やマスターしたレッスン数、正解率等の指標を管理画面で確認し、学習促進のための声がけや、つまずき箇所に対するフォローを実施できる。

※本サービスは学校向けの有料サービスとなり、個人では申込めない。

スタディサプリの学校導入について

学校教育のサポートツール『スタディサプリ for TEACHERS』は、先生の”生徒一人ひとりに寄り添いたい”をICTでサポートするツールとして、全国の高校で活用されている。

生徒の学習習熟度を『スタディサプリ 到達度テスト』で特定し、“苦手克服課題”として、生徒一人ひとりに合わせたオンライン講義動画を配信し、“宿題”として、クラス全員に特定の講義や確認テストを配信することが可能となる。

また、『スタディサプリENGLISH』では2020年4月より英語民間検定試験や共通テストに向けて、英語4技能すべてをトレーニングできるコース『スタディサプリ ENGLISH英語4技能コース』を提供している。

実際の試験で頻出の問題形式の講義動画と豊富な演習で、検定試験対策をすることができる。