奈良県奈良市がAI型教材「Qubena」を採用、市内全小中学校で2月より利用開始

株式会社COMPASS(本社:東京都千代田区、CEO 小川 正幹)は、提供するAI型タブレット教材「Qubena(キュビナ) 」が奈良県奈良市の市立小中学校における指導の一環として正式採用され、2021年2月より利用が開始されたことを発表した。

COMPASSでは現在、全国約100自治体、公立・私立小中高合計で750校、約20万人に対して算数/数学、英語に対応したQubenaを提供しており、2021年度からは対応教科を大幅に拡大し、国語・理科・社会を加えた主要5教科対応となるため、多くの自治体で採用が進んでいる。

今回Qubenaを採用した奈良市では、文部科学省が打ち出したGIGAスクール構想に基づき、児童生徒1人1台の学習者用端末が昨年9月にいち早く整備。

さらに、ハードウェアの整備と並行して、市が目指すICT を活用した個別最適化学習の実現を図るため、市の教育の方向性に合致したソフトウェアの選定を行う中で、Qubenaの採用を決定した。

今後奈良市では学校での活用に加えて、学習用端末の持ち帰りによる家庭学習でのQubenaの活用も予定している。

COMPASSは、アダプティブラーニングを活用したQubenaの提供を通して、すべての子どもたちを取り残すことなく「公正に個別最適化された教育」を届けるリーディングカンパニーとして、さらなる公教育へのICT普及に貢献することを目指す。

COMPASSについて

AIが生徒一人ひとりの習熟度に合わせて最適な問題を出題するAI型教材Qubenaを開発、2021年度からは小学校・中学校の5教科対応版をリリースし、アダプティブラーニングによって知識・技能の習得を支援する。

全国の公立・私立の小中高校、学習塾で利用され、利用自治体は100自治体以上、利用学校数は750校以上にのぼる。

2018年度から20年度まで3年連続で経済産業省「未来の教室」実証事業に採択。

また「日本e-learning大賞 経済産業大臣賞」「グッドデザイン賞」を受賞している。

より多くの教育環境へのアダプティブラーニングの導入拡大を通じて、誰一人取り残すことのない個別最適化された学びの提供と、さまざまな教育課題の解決に取り組んでいる。