東京ビジネス外語カレッジ、デジタル最先端企業との連携で未来をデザインするDX人材を育成する『デジタル・ビジネスコース』を開講

学校法人ISI学園(本部:東京都豊島区、理事長 荻野 祥二郎)は、専門学校 東京ビジネス外語カレッジ(以下「TBL」、校長 並河克彦)グローバルビジネス学科において2021年4月より『デジタル・ビジネスコース』を開講することを発表した。

パートナー企業と協働で実施する実践型授業などを通して、デジタルリテラシー×経営感覚×国際感覚を備え未来をデザインできるDX(デジタルトランスフォーメーション)人材を育成する。

コース運営に当たっては、ソニー株式会社で長年海外事業経営に携わった居山由彦氏をコース長に、株式会社HRインスティテュートの創業メンバーの一人、染谷文香氏をシニア・ファシリテーターに迎えまる。

これに学生の就職指導とパーソナルコーチを担う担任講師も含めたサポート体制で学習の支援する。

本コース卒業後は、グローバルな視点とデジタルリテラシーを起点に、創造的に未来型社会を設計・提案できるイノベーションリーダーや、顧客との共創による持続可能なビジネスモデルを構想できるビジネスクリエイター、そして社会・都市基盤システムのトータルデザイナーなど、デジタル社会変革へのチェンジメーカーとして主導的な役割を発揮することが期待される。

東京ビジネス外語カレッジ『デジタル・ビジネスコース』について

特徴

パートナー企業との連携で最先端事例を体感

2020年7月30日に発表したパートナー企業(後述)に加え、新たにベネッセコーポレーション、KAZAANA、MYWAYDESAIGN、ソニーネットワークコミュニケーションズ、ソラミツ、一般社団法人スマートシティ・インスティテュート(Smart City Institute Japan)、コミュニケーション・マイスター協会も加わり、各企業・団体の最新のデジタル関連ビジネスを体感する授業を展開する。

また、グローバルビジネス経験者、企業研修コーチ経験者、学識経験者などを講師として迎え、ビジネスや業界の最前線の動向に触れることができる。

こうした授業から学生たちは、これから起こる様々な変化を先取りし未来をデザインするために必要な知識、思考、行動力を身につけ、DX人材として成長する。

カリキュラム構造とプロジェクト型学習

<デザイン思考>で新規事業・サービスの開発手法を学び、<地球のアジェンダ>でこれからの地球規模の社会課題を認識した上で、<スマートシティ・みんなの街プロジェクト>や<TBL Venture Pitch>といったプロジェクトに取り組み最先端テーマに身近なソリューションやビジネス提案を創る。

また、文理融合のカリキュラムでは、技術トレンドも学び、未来を先取りする思考習慣を身につける。

学びの環境

TBLの学びの環境として特長的な、多国籍の学生による異文化コミュニティに身を置くことによって、実践的な英語やプレゼンテーションといったコミュニケーションスキルを常にトレーニングでき、グローバル感覚を兼ね備えたDX人材としての付加価値を得ることができる。

海外教育機関との連携

本コースの学生で希望者には、単位認定型編入制度で提携する英国国立ミドルセックス大学に海外大学編入・学士号取得プログラム「2+2」コースを利用して留学し、経営学士を取得する進路が用意されている。

同編入制度では、他にも既にTBL・グローバルビジネスコースで提携協定のあるオーストラリアのグリフィス大学などとも本コースへの制度拡大の準備を進めている。

また、在学中は海外の提携大学とオンラインで授業をつなぎ、海外の学生と議論やプレゼン交換を実施する予定。

このように積極的に海外大学と包括教育協定を展開し、グローバルに広がる学びのネットワークを活用したオリジナルな学習の場を提供する構想である。

オンライン教材 Udemyの採用

「Udemy for Business」を活用し、技術系の科目で予習・復習の習慣づけを行う。

さらに、Udemyがもつ豊富な外国語教材を利用して、英語やその他外国語の自習強化を促し、学ぶ習慣の定着を図る。

また、グループワークでの学生間相互教育プロジェクトワークなどにも利用する。

TBLは、これから益々高まるDX人材の需要に対し、ビジネス専門性を身につけたグローバル人材育成のミッションを果たしていく。

学科・コース名・収容定員

グローバルビジネス学科デジタル・ビジネスコース 収容定員80名(2年制)

コース開設

2021年4月

コース担当プロフィール

居山 由彦(デジタル・ビジネスコース コース長)

【役割】デジタル・ビジネスコース全体のカリキュラム設計とパートナー企業との連携、コース運営を担う

ソニー株式会社にてコンスーマ商品の企画からBtoBビジネス、経営企画など幅広い分野を経験。欧州6年、中国4年の海外での企業経営キャリアを積む。

ソニー中国・ブロードバンドコミュニケーションシステムズカンパニープレジデント。その後、ソニーテクノクリエイト株式会社社長を経て、現在よっしゃ!プランニング 代表。

染谷 文香(デジタル・ビジネスコース シニア・ファシリテーター)

【役割】パートナー企業によるケーススタディやプロジェクトワークで学生の思考の整理や気づきの導きを行う

カリフォルニア大学リバーサイド校修了、青山学院大学大学院経営学修士。

株式会社HRインスティテュートの創業メンバーとして、企業のビジネスプラン策定やノウハウ ドゥハウシリーズの研修プログラムの開発と実施、および関連著作執筆に携わる。現在株式会社Hurisk 代表取締役。

カリキュラム連携 新規パートナー企業・団体(アルファベット順)

カリキュラム連携 パートナー企業(配信済・アルファベット順)※2020年7月30日付

※パートナー企業との連携による授業・講義は、カリキュラムの充実を図るために変更されることがある。


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。