本田圭佑氏が代表を務めるNowDo社がベネッセの「進研ゼミ高校講座」と連携

プロサッカー選手(ネフチ・バクー所属)の本田圭佑氏が代表を務める Now Do株式会社(東京都中央区、以下Now Do)は、株式会社ベネッセコーポレーション(岡山県岡山市、代表取締役:小林 仁 以下ベネッセ)が提供する高校生向け通信教育「進研ゼミ高校講座」に3月20日(土)よりコンテンツ連携を開始したことを発表した。

「進研ゼミ高校講座」とNow Doのコンテンツ連携について

3月20日(土)から開始した本コンテンツ連携においては、ソーシャルオンラインスクールNowDoの「世界中の誰もが夢を追い続けられる世界を創る」というコンセプトと、進研ゼミ高校講座の「自分で、切り拓く力。」というコンセプトのもと、高校生年代のキャリア形成を両社連携にて新しい形で支援していくもの。

その一環として、NowDoのサービスの一部であるアーカイブ動画の中から、進研ゼミ高校講座の会員数約15万人(2020年4月実績)にNowDoで提供している動画の一部を届ける。

また NowDoが提供する様々な業界・分野のプロフェッショナルが行う講義と、進研ゼミ高校講座で提供している進路情報や受験対策などの教育を組み合わせ、多くの高校生にこれから変わり続ける社会での生き方や働き方のヒントをつかみ、自分の将来を真剣に考えるきっかけを提供し、自ら学び、自ら夢を切り拓ける人づくりを目指していく。

NowDo株式会社について

NowDo株式会社は、本田圭佑士が代表を務め、「世界中の誰もが夢を追い続けられる世界を創る」ということをビジョンとして掲げている。

ソーシャルオンラインスクール「NowDo」は、中高大生を対象にした教育の本質を再定義する新しいソーシャルスクール。

さまざまな業界の最前線で戦うプロフェッショナルを講師に招き、中高大生向けにオンラインにて講義を提供する。

「『時代の変化に応じて自分自身の頭で考え、行動する力』を身に付ける」というコンセプトのもと、「そもそも“情報”が無ければ考えることもできない」ということを提唱している(代表本田圭佑氏のインタビューより抜粋)。

そのような“情報”を、講義を通して中高大生に向けて発信していく。

進研ゼミ高校講座について

進研ゼミ高校講座は、高校生が受講できる家庭学習サービスである。

子どもの学校の教科書や授業進度、一人ひとりの学力レベルや目指す進路・進学先に合わせて学べる教材・サービス。

個人別に効果的に学習できるデジタル教材と子どものやる気を引き出す人による個別指導の組み合わせを進化させ、子どもが主体的に自ら学ぶ習慣を身につけ、目標に向けて継続的に力を伸ばしていく学習をサポートしている。