キッズプログラミング教室「Tech for elementary」表計算ソフト『Microsoft Excel』の教材を提供

子ども向けプログラミング教室のFC事業「Tech for elementary(以下TFE)」を手がける株式会社エクシード(本社:東京都渋谷区、代表取締役:尾市守)は、表計算ソフト『Microsoft Excel』を楽しく学習するオンライン教材「はじめてのExcel」を「Tech for elementary」各加盟教室の教材として、2021年4月より提供することを発表した。

オンライン教材「はじめてのExcel」について

TFEは「ひとりでも多くの子どもたちにプログラミングの機会を提供する」というミッションのもと、映像授業をベースとしたプログラミング教室を全国展開し、のべ400以上の教室・6000人以上の子供たちが参加している。

これまでTFEでは、ビジュアルプログラミング言語であるScratchを使用し、子どもたちが楽しみながら自然とプログラミングを学べるようなコースを開発してきた。

そして、JavaScriptなどのテキストプログラミング言語など、コースを拡張してきた。

Microsoft Excelの教材開発については、これまで加盟教室から要望があったものの、プログラミングあるいはモノづくり関連を優先して先送りにしていた。

しかし、

  • 全ての子供がプログラミングやエンジニアリングに適性があるわけではないこと
  • Excelはエンジニアを含む多くの社会人が使用するアプリケーションであり学習しておいて損はないこと
  • Excelは関数やデータベースも取り扱い、プログラミング周辺の要素とも関連が多いこと

などから今回の提供に至ったという。

「はじめてのExcel」は「Microsoft Excel(Office365)」を使い、子どもにとって身近なテーマで、楽しみながらExcelの使い方を学ぶことができる。

そして、使い方だけではなく、四則演算など算数の要素も同時に学んでいくことができる。

今後もTFEでは、表計算ソフトをはじめとした、「プログラミング周辺の非エンジニア向けの教材」の提供を行っていく予定。