学生1,000名に無償でプログラミング教育を提供する「CODEGYM Academy」GMOインターネットグループ・スマレジなどの協賛で開始

プログラミング学習サービス「CODEGYM」を運営する株式会社LABOT(東京都渋谷区、代表取締役 鶴田 浩之)と NPO法人CLACK(所在地:大阪府大阪市、理事長:平井 大輝)は、GMOインターネットグループ、スマレジを始めとした協賛企業による全面的な協力のもと、新型コロナウイルス感染拡大によって学習・就職に影響を受けた学生1,000名を対象にプログラミング学習を無償で提供する支援プロジェクト「CODEGYM Academy」を開始することを発表した。

「CODEGYM Academy」とは

「CODEGYM Academy」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、やむを得ない経済的事情で希望する進路へ進めなくなった学生や、中途退学せざるを得なくなった人、留学等の中止でキャリアプランが変更になった人などの中から最大1,000名を対象に、無償でオンラインのプログラミング学習を提供する支援プロジェクト。

「CODEGYM Academy」では、米国ハーバード大学が提供※するコンピュータサイエンスの科目「CS50’s Introduction to Computer Science」とWebプログラミング科目「CS50 Web Programming with Python and Javascript」の授業を教材として採用し、単位認定の仕組みを取り入れることで、学歴や地域、性別等に一切関係なく、スキルや成果物を客観的に証明できることを目指す。

※Creative Commmons ライセンスに基づき、非営利に限定して利用される。

背景

新型コロナウイルス感染拡大は、多くの学生が学びの環境、進路などその後のキャリアに影響を与えた。

経済的に影響を受けた家庭では、学校中退・休学のほか、進学・進級そのものを諦めたり、海外留学のキャンセル、慣れないオンライン授業による学習内容の変化など、学生の将来に関わる学び、キャリアに大きな影響を受けている。

CODEGYM を運営する株式会社LABOTは、「人の可能性に投資する」というミッションのもと、2020年1月に日本国内で初めて、ISA(Income Share Agreement、所得分配契約=在学中には学費の支払いが不要で、就職後に決定した年収に連動して支払額が決定する契約方法)を採用した、コンピュータサイエンス・プログラミングスクール「CODEGYM ISA」を開校し、これまでの家庭環境・学歴・年収などによらず、誰もが平等に挑戦できる教育機会の提供を目指し、事業を展開してきた。

今回、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、やむを得ない経済的事情で希望する進路へ進めなくなった学生や、中退せざるを得なくなった人、留学等の中止で学習計画が変更になった人、オンライン授業に伴って本来期待していた学びの環境を受けられなかった人へ、新卒エンジニアに挑戦できるという、希望ある選択肢を提供できないかと考えた。

そこで、高校生にプログラミング教育を無償提供する活動を行っていたNPO法人CLACKと、今回のプログラムに賛同した28社の協賛を受け、オンラインで地域を問わず、日本全国から希望する最大1,000名を対象に、プログラミング学習を無償で受けられる支援プロジェクト「CODEGYM Academy」を開始する。

募集人数

最大1,000名

  • エントリーシート選考、Webテスト(適正試験)を実施。
  • 応募資格やカリキュラムの詳細については、公式サイトを参照。

受講料

無償

「edX※」を通じて受講する「CS50」の履修証明書取得にかかる申請費用199米ドルのほか、副教材として推奨する書籍数冊の購入実費が発生する場合があり。

※マサチューセッツ工科大学とハーバード大学が共同設立したMOOCプラットフォームのこと。

スケジュール

  • 応募期間:2021年3月22日(月)~2021年4月4日(日)23:59
  • 説明会日程
    • 2021年3月20日(土)16:00~18:00
    • 2021年3月22日(月)18:00~20:00
    • 2021年3月25日(木)12:00~14:00
    • 2021年3月27日(土)9:30~11:30
    • 2021年3月30日(火)8:00~10:00
    • 2021年4月1日(木)19:00~21:00
  • 適性検査:2021年4月6日(火)18:00~19:30/20:00~21:30
  • 内定通知:2021年4月12日(月)午後
  • 学習期間:2021年4月17日(土)~2021年9月末(予定)
    • 毎週土曜日9:00~18:00に出席が必要となるハンズオン講義、グループワークを実施。
    • 1週間あたり20時間程度の学習が必要となる課題を提出。

協賛企業

ダイヤモンドスポンサー

GMOインターネットグループ

プラチナスポンサー

株式会社スマレジ

ゴールドスポンサー

Google/株式会社ドリコム/株式会社U-NEXT/LINE株式会社/株式会社LIFULL/ヤプリ株式会社

ブロンズスポンサー

株式会社AilaB/株式会社asken/株式会社アトラエ/株式会社Flucle/株式会社エイチーム/株式会社グッドパッチ/株式会社SmartHR/freee株式会社/株式会社FLINTERS/パーソルホールディングス株式会社/株式会社BEC/株式会社HERP/株式会社ラブグラフ/株式会社Voicy/みんなのマーケット株式会社