北海道科学大、3Dアバターと袴を活用したバーチャル学位記授与式コンテンツなどを卒業式において実施

株式会社VRC(本社:東京都八王子市、代表取締役社長:謝 英弟、以下「VRC」)は、同社が保有する最先端3Dインフラ技術とバーチャルコーディネートソリューションを活用し、北海道科学大学の卒業式においてバーチャル学位記授与式コンテンツ及び、バーチャル記念撮影コンテンツを提供したことを発表した。

北海道科学大学におけるバーチャル学位記授与式コンテンツについて

感染症拡大に伴い、人が密集しやすい学校行事(卒業式・入学式・オープンキャンパスなど)の実施がしづらい状況の中で、様々な活動に一生懸命に取り組みながら多くの想い出を作ってきた学生や教員に対してVRCの技術を活用して何か協力できる方法がないか、VRCは北海道科学大学と共に協議を重ねてきた。

その中で、VRCが所有する最先端3Dインフラ技術と独自バーチャルコーディネートソリューションを活用することによって、バーチャル空間上で、「学位記授与」や「友人との記念撮影」などリアルな卒業体験を実現し、北海道科学大学と学校行事のDX化の一環として取り組みを開始した。

今回の取り組みを進めるにあたり袴専門事業の株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:中村 潤次、以下「ワン」)が展開するオリジナル袴ブランド9NINEからの提供により、最新の袴を3D化することも実現し、リアルな3Dアバターを活用したバーチャルコーディネート体験が実現。

VRCは今後も学生や教員の想いにも応えるべく、卒業式・入学式・オープンキャンパスなど学校行事のDX化を推進していく。

北海道科学大学について

北海道科学大学は、1967年に産業界の発展と地域社会の活性化に寄与することを目的に北海道工業大学として開学、2014年4月、医療系3学科を新設し、大学名称を北海道科学大学に変更した。

2018年には北海道薬科大学と統合し、多様化しつづける社会のニーズに応える4学部13学科を設置、工学、薬学、医療、社会科学の各分野でプロフェッショナルとして活躍できる人材を輩出する。

教育理念である「科学的市民」の育成を中心に据えて、知識基盤社会を担う市民としての汎用的技能・能力と時代の要請に即した専門の学術を教授・研究し、高い応用能力と健全な心身を備え、科学的思考によって専門職としての役割を主体的に果たせる人材を育成することにより、地域社会の活性化に寄与することを使命としている。