LearnMore、枚方市立東香里中学校での「オンライン職業体験」レポートを発表

株式会社LearnMore(本社:大阪市中央区 代表取締役:坂口 雄哉)は、”先生のミカタ”の取り組みの一環として2021年2月9日(火)に枚方市立東香里中学校のオンライン職業体験の取り組みを支援したこと、および当日の様子等を発表した。

新型コロナウイルスの影響で多くの学校が職業体験を中止とする中、オンラインでの職業体験が無事に終了したという。

「オンライン職業体験」とは

職業体験は、中学校等の教育課程の中の特別活動や総合学習などの枠内で、生徒たちに地域社会のさまざまな事業所で、職業の現場を体験させること。

また、兵庫県では「トライやる一週間、中学2年生が職場体験などを通して地域について学び”生きる力”を育むことを目的としている。ウィーク」という概要で「トライやるウィーク」※と言われている。

トライやる・ウィークは、兵庫県が、1995年の阪神・淡路大震災、1997年の神戸連続児童殺傷事件を機に中学生に働く場を見せて学習させようとする趣旨から、県内の中学2年生を対象として1998年度から実施されている職場体験、福祉体験、勤労生産活動など、地域での様々な体験活動を指す。

今回、枚方市立東香里中学校では美容室、保育園、介護施設、寝具製造販売店など6つの事業所から生徒自身が行いたい職業体験を選択。

生徒が事業先にて実際の仕事を体験することが通常ではあるが、コロナ禍で職業体験を現場で行うことができなかったので、事前に作成した各事業所の動画を見ながら、GoogleMeetを用いてオンラインで事業所とビデオ通話で繋ぎ、事業所の生の声を聞いたり質問や雑談を行ったりした。

当日の様子

当日は和やかな雰囲気で生徒同士が相談したり、事業所の人の話に聞き入ったりと様々な生徒の反応が見受けられた。

理学療法士のグループでは、「なぜ理学療法士になろうと思ったのですか」「理学療法士になる為にはどうすればいいですか」などの質問が生徒から上がったり、介護施設では、施設の入居者にも登場してもらい、どういった時に喜びを感じるかを聞いたりと普段では触れ合うことが難しい人々からも話を聞くことができた。

今回のオンライン職業体験において中心となって企画立案から取材、実行までを行った枚方市立東香里中学校 生徒指導主事の岡勇太郎先生は実施後、下記のように振り返った。

例年中学2年生で体験する”職業体験”という学びの機会を、新型コロナウイルス感染症拡大という外的要因で奪ってしまうのはとても悔しく、今回オンラインの強みを活かして新たな職業体験を実現できたのはよかったです。また、学校の中だけでは実現が難しいと諦めかけていたときに、協力を求めれば、賛同してくれる企業や団体が多数あるということを実感できたことも大きな収穫でした。

株式会社LearnMoreは先生の味方という立場に立って、企画段階から一緒に知恵を絞り、最も不安に思っていたオンライン接続のリハーサルや当日の機器の調整などを協力してくれたことで、学年団の先生方や指導に当たる先生の不安を払拭することができたことも今回の成功の一員だと思います。

オンライン職業体験という新たなキャリア教育の形は更に改良の余地はあるとは思うものの、未だ猛威をふるう感染症の影響で学生たちの”機会”を奪ってしまわないようにしたい。全国の同じ悩みを抱える先生方にも是非視野を広くもって協力者を募り、新たな学びのスタイルを実現して欲しいと思います。

振り返りと今後の課題

今回、初めて取り組んだオンライン職業体験だが、実施後先生に取ったアンケートは以下のようになった。

  • オンライン職業体験はよかった、非常によかった・・・89.5%
    • 理由:
      • 場所と時間の制限にとらわれず体験ができるから。
      • 生徒の集中がすごかった。興味がもてた。知識として深まった。
      • 生徒たちが興味を持って話を聞けていたため。
      • 仕事の流れなど、実際に映像で見ることができたから。
  • 生徒の反応はよかった、非常によかった・・・79.0%

と先生、生徒ともに非常に意味がある内容となったようだ。

一方で、

  • オンライン職業体験をやる前の不安はありましたか
    • PC接続・・・47.4%
    • 機器の操作・・・94.7%
    • 事前情報の共有・・・47.4%
  • 事前準備はどこまで関わりたいと思いましたか
    • 事業所の選定・・・52.6%
    • 事業所との事前ミーティング・・・78.9%
  • オンライン職業体験をよりよくするにはどのような要素があればいいと思いますか
    • どうしてもお話を聞くという形になってしまうので、1年生で行う職業講話と違いを大きくすればより良くなる。もっと生徒と職場の方とたくさん話のやりとりができたら理想。
    • 一方的に動画を見るだけになっていたので、集中力に欠ける生徒がいた。
    • 体験につながる活動をもっと増やすことができるといい。
    • 可能であれば、生徒に興味関心のある分野の仕事のアンケートをとり、少しでも反映することができるといい。
    • オンラインでのやりとりとはいえ、少しでも実習が入る(美容師のハサミの使い方)、その職業にまつわる実物のものがあったりすると興味をさらに持つ。

上記の振り返りから、課題としては

  1. いかに生徒と事業所先との連携の密度を高め、体験に繋げることができるか
  2. 「オンライン職業体験」を実施するにあたり、先生方の機器や準備等に対する不安を取り除くことができるか

の2点があげられる。

今後は、職業体験の本来の目的の一つである「地域との接点を持つ」という観点から、生徒達にとってより身近な「近所のパン屋さん」や「スーパー」など、日頃生徒たちが行ったり、目にしたりしている人たちがどのような仕事をしているのかを事業所として洗濯しても面白いと考えられる。

また、今回は東香里中学校の先生1名とLearnMoreが準備を中心に行ったが、これを機に準備段階から先生にも意見をききながら、企業として学校の取り組みを支援していく。