アイリスオーヤマ、臨場感のある会議や授業の環境を提供する「AIインタラクティブホワイトボード」発売

アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、オンライン会議やオンライン授業が当たり前になる社会に対応するため、より臨場感のある会議や授業の環境を提供する「AIインタラクティブホワイトボード」4機種を3月19日(金)より企業や教育機関向けに販売を開始することを発表した。

「AIインタラクティブホワイトボード」概要

背景

国内では、昨年の新型コロナウイルス感染拡大を受け、日本政府の企業に対する時差出勤やテレワークの要請や、教育機関における一斉休校などにより、オンライン会議やオンライン授業の利用が加速している。

通信環境があればいつでもどこでも会議や授業に参加できるため、新型コロナウイルスが収束した後も、新しい働き方や学び方のツールとして定着することは明らかである。

一方で、対面とは異なりリアルな会議や授業の臨場感に乏しく、発言者の表情や感情を感じづらいことから、懸念する声もある。

今回発売される「AIインタラクティブホワイトボード」は、より臨場感を感じられる機能を多数搭載している。

高精細4Kプロフェショナルカメラを内蔵することで、一般的なwebカメラでは伝わりにくかった参加者の細かい表情を捉えられ、12個の高性能マイクによりより臨場感のある音声を伝えられる。

また、専用アプリケーションと接続することでスマートフォンやタブレット、パソコンなど最大20台の機器を接続し、リアルタイムに資料を共有し、相互で操作可能。

さらに、AIノイズキャンセリング機能により、オープンスペースでのオンライン会議でも、集音範囲内のみの音声を拾って外部の音を遮断するため、周囲の音を気にせず快適に会議を進行できる。

「AIインタラクティブホワイトボードPRO」2機種は、AIが発言者の声と位置を特定して自動でクローズアップするため、会議の発言者を認識しやすくする。

アイリスオーヤマは、今後もグループの総合力を活かして社会変化に対応した商品開発を進め、新たな生活様式をサポートするソリューションを強化していく。

商品特長

  1. 4K映像と12個の複数マイクによる臨場感を表現
  2. AIノイズキャンセリング機能で集音範囲外の音を遮断
  3. AIが、発言者の位置を特定して自動でクローズアップ(AIインタラクティブホワイトボードPROのみ)

1. 4K映像と12個の複数マイクによる臨場感を表現

「AIインタラクティブホワイトボード」は本体に内蔵した高精細4Kビデオにより、鮮明な映像を映し出すことができ、従来のwebカメラでは伝わりにくかった細かい表情をはっきりと伝えることで、よりリアルなオンライン会議をサポート。

さらに本体に内蔵した12個の複数マイクにより、より臨場感を感じることができる。

2.AIノイズキャンセリング機能で集音範囲外の音を遮断

ビームフォーム技術※1、AIアルゴリズムを用いて集音範囲の内側の音だけを広い、外側の音を遮断することができ、オフィスのオープンスペースでも、周囲の雑音を気にせずに会議に集中できる。

※電波(または音波、超音波)を特定の方向に向けて送信、または特定の方向から受信する技術。

3. AIが、発言者の位置を特定して自動でクローズアップ(AIインタラクティブホワイトボードPROのみ)

「AIインタラクティブホワイトボードPRO」2機種は、内蔵したAIが声の位置を特定し、自動で発言者の顔をクローズアップ。

誰が話しているか画面越しでも一目で分かり、より臨場感のある会議ができる。

その他の特長

手書きのようなペン反応速度、AIによるデジタル変換機能

ホワイトボードのペン反応速度は業界トップクラスの反応速度で、一般的なデジタルホワイトボートに比較して遅延が少なく、まるで手書きしているようななめらかでストレスのない書き心地を実現。

また、AIによるデジタル変換機能により、手書きの文字や図形、フローチャートをデジタルデータとして認識・変換することができる。

さらに、ジェスター認識により、フリック/ズームイン/ズームアウト/削除などの操作を、感覚的に作業することができる。

商品仕様