N高、留学メディア「School With」によるバーチャル留学プログラムを3月より実施

日本最大級の留学メディア「School With」を運営する株式会社スクールウィズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:太田英基)は、学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校(以下「N高」)およびN中等部向けにバーチャル留学プログラムを企画開発し、2021年3月より実施することを発表した。

N高およびN中等部向けバーチャル留学プログラムの概要

  • 完全オンラインにて開催。生徒は全員自宅からバーチャル留学へ参加
  • 期間は4週間および2週間プログラムの2種類
  • 参加生徒数40名
  • フィリピン現地の厳選された語学学校との連携
  • マンツーマンクラス3コマ、グループクラス2コマ、講師常駐自習2コマの合計7コマのプログラム
  • 現地を擬似体験しながら学ぶバーチャルツアーコンテンツも導入
  • 放課後アクティビティやスペシャルゲストによるトークイベントもオンラインにて開催
  • 留学ならではの入学時オリエンテーションや卒業式もオンラインにて開催
  • 従来の留学と限りなく遜色ない留学プログラムをオンラインで実現するため、渡航費用や滞在費用、海外旅行保険費用などがかからなくなり、留学費用は半額以下に

背景

新型コロナウイルスの影響により、2020年度はリアルでの海外研修の実施が困難となった。

スクールウィズは2019年よりN高のセブ島語学研修の企画コーディネートを実施してきたが、2020年の夏期は実施することができなかった。

それでも生徒に短期集中で英語力を伸ばす機会を提供したい、海外留学を経験してもらいたいというN高・N中等部の教職員の想いと共に、今回N高・N中等部にとっては初の試みであるバーチャル留学を共同企画することとなった。

今後のバーチャル留学の展望について

従来の留学の半額以下の費用で実現可能なバーチャル留学は、アフターコロナにおいてもコスト観点、またスケジュール調整がしやすいという観点により、一定の生徒からの需要があると考え、今回の実施結果をもとに次回以降の企画を検討していくという。

また、School WithではN高に限らず、他の中学校、高校、塾や大学、企業などでもコロナで留学にいけない人たちの為に本企画のノウハウを活かし、共同企画をしていく。

尚、従来の留学についても2022年以降での企画設計がすでに始まっており、併用していきたいと考え。

学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校について

2016年4月に開校した“ネットの高校”で、現在の生徒数は16,641名(2020年12月時点)。

「IT×グローバル社会を生き抜く“総合力”を身につける多様なスキルと多様な体験」を掲げ、今のネット社会に対応した新しい教育を実践している。

授業やレポート提出をネットで行うことで自分のペースで学べる高校卒業資格のための必修授業の他に、大学受験やプログラミング、小説、ゲーム、ファッション、料理、美容など多彩なネットでの課外授業や、全国各地で行う職業体験により、社会で役立つスキルや経験も高校時代に身につけられるカリキュラムが特徴。

ネットコースと通学コースが選択できる。

2021年4月には、2校目となるS高等学校(本校:茨城県つくば市、校長:吉村総一郎)が開校する。

学校法人角川ドワンゴ学園 N中等部について

N中等部は、教育機会確保法の趣旨を鑑みた、新しいコンセプトのスクール、「プログレッシブスクール」。

現在、ネットコースでは449名、通学コースでは515名の生徒が全国で学んでいる (2020年10月時点) 。

N中等部では、総合力を身につけるために、教養・思考力・実践力の3つを学ぶ。

21世紀型スキル学習、プログラミング、基礎学習(国・数・英)など多彩な学習コンテンツがあり、一人ひとりが自分のペースで学び、目標を見つけ、主体的に行動することで進路やキャリアづくりといった夢への第一歩が広がる。

※N中等部は学校教育法第一条に定められた中学校ではない。自身の中学校に在籍したままN中等部で学ぶ。