オンラインでの対話に特化した、話す作文教室「はなさく」新規受付開始

キッズ文章表現教室「空色ことば」は、今春、オンラインでの対話に特化した、話す作文教室「はなさく」へリニューアルし、2021年3月15日から新規生徒の受付を開始することを発表した。

「はなさく」サービス概要

背景

今、子どもたちの自己表現力の大切さが問われ、教育現場では「思考力・判断力・表現力」を試す記述式問題が増えているが、その育成の難しさが課題になっている。

この教室は「対話」から自己理解を深め、自己受容・自己肯定を高めながら、子どもたちの自分らしい言葉の表現力を引き出し、作文をそのトレーニングの場としてきた。

今回、これまでの学びのスタイルをさらに明確にした話す作文教室「はなさく」へリニューアルし、新規受付を開始する。

特長

オンラインレッスンの様子

オンラインで講師がマンツーマンで問いかけ、子どもの視点を多様に広げる対話式レッスン。

自分らしい言葉を引き出すオリジナルワーク教材を使用し、一人一人に最適なサポートができるよう2種類のコースを設け講師を増員した。

感受性豊かな10歳までの子どもを主な対象としたレッスンは、素直で豊かな感情を知り、視点や意見を持つ習慣を育み、自分だけの表現と楽しく向き合う30分間である。

コース

  • 空色ことばコース(国内/海外向け:文章表現力トレーニング)
  • にほんごさんぽコース(海外向け:日本語コミュニケーション)

価格(税込)

  • 月謝    :15,000円
  • 体験レッスン:3,000円
  • 入会金   :10,000円

*2コースともに上記価格


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。