NTTドコモ、人やキャラクターとの対話をAIが実現する「キャラクタ雑談技術」を開発

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、対話型AIサービスに実在の人物や架空のキャラクターのような受け答えを可能にする「キャラクタ雑談技術※(以下、本技術)」を開発したことを発表した。

本技術を使用したスマートフォン・タブレット向けアプリ「携帯人間AIジミー(以下、AIジミー)」を、株式会社ラフ&ピース マザー(以下、LPM)が2021年3月20日(土)から提供開始する。

ドコモの「キャラクタ雑談技術」とは

本技術は、あらゆる対話型AIサービスに様々なキャラクタ性を付与することができる技術。

再現したい人やキャラクターの対話データ(質問、応答)を学習することで、まるでその人やキャラクターと会話しているような高精度な対話型AIを作成可能。

従来の対話型AIでは対話のルールを作成する方法が一般的だったが、本技術ではキャラクターの対話データを用意するだけで、ユーザーの入力に応じた適切な応答を出力することが可能となる。

さらに、ドコモが提供する対話型AIサービス「ドコモAIエージェントAPI®」※と組み合わせることで、音声認識・音声合成による音声対話を実現することができる。

本技術を初めて活用した商用サービスであるAIジミーは、LPMが提供する教育系コンテンツ配信サービス「ラフ&ピース マザー」のコンテンツの1つでユーザーは人気お笑い芸人のジミー大西さんを再現したAIとの対話を楽しめる。

AIジミーでは、ジミー大西さん本人が作成した対話データをもとに学習したAIを構築することで、よりジミー大西さんらしい対話を実現しているという。

ドコモは、これからも顧客の生活に寄り添える技術開発、サービス開発により、顧客が対話型AIサービスを身近に取り入れ日常になくてはならない存在になれるよう今後も取り組んでいく。

※「キャラクタ雑談技術」は、NTTメディアインテリジェンス研究所の技術にもとづきドコモで開発。「ドコモAIエージェントAPI」は、NTTグループのAI「corevo®」の一部である対話サービスとなる。

※「corevo®」は日本電信電話株式会社の登録商標、「ドコモAIエージェントAPI」は㈱NTTドコモの登録商標。