駿台が「難関国公私立大入試・個別試験対策ICT教材」を開発、駿台予備学校で4月より順次運用

学校法人駿河台学園(本部:東京都千代田区、理事長:山﨑 良子、以下:駿台)は、駿台予備学校において、エスエイティーティー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山畔 清明、以下:SATT)、株式会社JDSC(本部:東京都文京区、代表取締役:加藤 エルテス 聡志、以下:JDSC)と共同システム開発した「難関国公私立大入試・個別試験対策ICT教材」の運用を、2021年4月より順次開始することを発表した。

「難関国公私立大入試・個別試験対策ICT教材」について

開発に至った背景

現在駿台は、「集団授業における学習のパーソナライズ化」を推進しており、その一環である個々の学生の理解状況や進捗状況を日々把握する手段として、ICT学習教材の導入を進めている。

世の中にリリースされている既存のICT教材は、ほぼ全てが学力の基礎固めを目的とする中で、駿台では難関大学を目指す学生を多く抱えており、その学習目的にも適応するICT教材が必要となっていた。

そこで駿台は、教育業界初となる難関国公私立大入試・個別試験対策ICT教材「スルメ」を独自開発するに至った。

難関国公私立大入試・個別試験対策ICT教材「スルメ」の特徴

コンセプトは、「問題を解く考え方を習得するための学習教材」。

難関大志望者の多くが受験する「駿台全国模試」の過去問等を素材とし、解答するまでに20分程度を必要とする難度の高い大問をじっくり解いていく。

それぞれの問題には、考え方の指針となる「ヒント」が設定され、段階的にさらに詳しくなる「ヒント」が数種類用意されている。

問題に手がつかない場合、この「ヒント」を確認していくことで、解くための考え方の道筋が個々の理解度に合わせて身に付く仕組み。

「ヒント」は駿台のベテラン講師陣が作成し、質の高い駿台の授業のエッセンスがそのまま反映されたものとなっている。

また、「スルメ」は駿台の授業と完全連動しており、学生は講義で学んだ内容のアウトプット・トレーニングとして「スルメ」を使用することにより、個々に合った形での学力向上が期待できる。

学習状況は、駿台独自のLMS(ラーニングマネージメントシステム)にデータとして送られ、これを元に講師やクラス担任が学習継続を促す「学習コーチング」を行う流れとなっている。

運用する科目は、4月より「物理」、「化学」で、9月からは「数学」、「英語リスニング」もスタート。

難度の高い問題が素材

わからない場合は、「ヒント」を開く

解答は手書き対応

自動採点され、詳しい解説も付く

今後の展開について

2021年度の「スルメ」は、個々が自分の学力に合わせて手動で「ヒント」を確認していく形式だが、今後はAIを組み込み、「ヒント・アダプティブ」という形式に発展させていく。

学習者の学力状況を測定しながら、個々に合った段階の「ヒント」をAIが自動で提示していくことで、個々に最適な「考える力の育成」を目指す。

基礎理解を促す問題が次から次へと提示される既存のAI学習教材の、さらにその先を行く新しい発想のAI教材である。

このシステム開発にあたっては、教育AIの分野において世界をリードする最先端研究者の一人である、国立大学法人電気通信大学大学院教授の植野真臣氏の協力を得て、SATT、JDSCとともに進める。

駿台は立ち止まることなく、これまで以上に一人一人の学力向上に寄与する、新たな学習を開発し提供していく。