データグリッド・NTTテクノクロス・ドコモgaccoの3者、AIを活用して制作したMOOC講座を3月12日より開講

株式会社データグリッド(京都府京都市、代表取締役CEO 岡田 侑貴、以下データグリッド)とNTTテクノクロス株式会社(東京都港区、代表取締役社長 串間 和彦、以下NTTテクノクロス)及び株式会社ドコモgacco(東京都港区、代表取締役社長 佐々木 基弘、以下ガッコ)は、ガッコが運営する誰でも原則無料で受講できる大規模公開オンライン講座「gacco®(ガッコ)」にて、「AIの基礎と開発プロジェクトの進め方」を2021年3月12日(金)から開講することを発表した。

AIを活用したMOOC講座の提供は、日本初※1である。

「AIを活用したMOOC※2講座」は、講師が話している数分程度の動画と、テキストデータから生成した音声データをもとにAIで講師動画を生成することで、講座をまるで講師本人が話しているように再現。

音声合成技術を有するNTTテクノクロスと、AIによる人物動画生成技術を有するデータグリッドの最先端技術を活用して講義動画を生成し、オンライン学習動画サービス「gacco®(ガッコ)」を運営するガッコが株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と連携して講座の提供を行っている。

「AIの基礎と開発プロジェクトの進め方」講座概要

最先端のAIによる人物動画生成と音声合成の技術を活用したMOOC講座

本講座は、NTTテクノクロスの音声合成サービス「FutureVoice® Crayon(フューチャーボイス クレヨン)」を活用して、テキストデータから講座内の音声データを生成。

テキストデータを「FutureVoice® Crayon」にインプットすることで、人間の声と遜色ない自然な音声データが生成される。

次に、データグリッドのAIによる人物動画生成技術により、音声データと数分程度の講師動画をもとに、音声に口の動きを合わせ、講師本人が話しているような長尺の講義動画を自動的に生成する。

この技術は、少数のデータで精度の高いデータ生成が可能なGAN(Generative Adversarial Network / 敵対的生成ネットワーク)※3により実現している。

内容

  • Week1:人工知能(AI)とは – 人工知能(AI) / 機械学習
  • Week2:生成AIの応用事例とその仕組み – GANとは / GANの応用例 / GANの仕組み
  • Week3:AI開発プロジェクトの進め方 – AI開発プロジェクトの流れ / 企画・要件定義フェーズ / データ準備フェーズ / PoC開発フェーズ

近年、人工知能(AI)は驚異的な技術進歩を遂げたことで様々な形で社会実装が進んでいる。その結果、テレビや新聞といったメディアを通して耳にしない日はないというほど私たちにとって身近な存在になった。

この講座では、AIに関する基本的な解説からはじまり、実際にAI開発プロジェクトを進める際のポイントまで、初心者でも理解しやすい平易な言葉で解説していく。

第1週では、AIの概要と最低限押さえておきたい専門用語の解説を通して、AIの基礎を学ぶ。

第2週では、AIの中でも比較的新しい領域である「生成AI」について、具体的な応用事例も交えながらその仕組みを解説していく。

そして、第3週では、AI開発プロジェクトを進める上でプロジェクトを成功に導くためのポイントを、フェーズごとにできるだけわかりやすくまとめた。

この講座を通して多くの人々がAIについての理解を深めるとともに、AI開発プロジェクトの進め方の基本を学ぶキッカケになることを願っているという。

学習期間

3週間

受講申込先

講座内容

講師紹介

取組の背景と今後について

これまで、講座の動画制作は、撮影用のスタジオを用意し、あらかじめ準備した講義原稿を講師が解説する模様を撮影することが基本だったが、人物動画生成と音声合成の技術を活用することでスタジオに出向くことなく、かつ講師が資料説明する必要もなく、動画を制作することが可能となった。

今後、Withコロナ・Afterコロナの時代において、大学や研究機関、企業や団体が求める動画制作の効率化を目的として、AI技術を活用した動画制作のプロダクト化に向け開発を進めていく。


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。