アーテック、Microsoft Hacking STEMに対応したプログラミング教育キット『風力発電測定キット』を発売

幼稚園・保育園及び小学校・中学校・高校教材の総合メーカー、株式会社アーテック(本社:大阪府八尾市、代表取締役:藤原 悦)は、日本マイクロソフト株式会社と連携し、Microsoft Hacking STEMのカリキュラムに対応したプログラミング教育キットの開発をすることを発表した。

その第1弾として『風力発電測定キット』の販売を2021年4月より開始。

今後も第2弾以降のリリースを目指して開発を進めていく。

Hacking STEM対応『風力発電測定キット』概要

Hacking STEM対応キット開発の背景

Hacking STEMは、宇宙飛行士の衛星写真を元に地球の環境変動を予測したり、振動のリアルタイムデータを分析して地震のメカニズムを学んだり、地球や自然科学をテーマにデータを活用した探究的な学びを実践したりできる、マイクロソフトが世界中で展開しているSTEM教育のカリキュラム。

STEMとは、Science、Technology、Engineering、Mathematics、つまり、科学・技術・工学・数学の教育分野を総称した言葉であり、STEM教育はこれら4つの学問の教育に注力し、IT社会とグローバル社会に適応した国際競争力を持った人材を多く生み出そうとする、21世紀型の教育システムである。

日本においても、児童生徒一人一台端末や高速大容量の通信ネットワーク等のICT環境の整備を軸としたGIGAスクール構想が、文部科学省を中心に令和元年度より進められている。

この構想では、各教科で一人一台端末を効果的に活用し学びを深めることはもちろん、各教科での学びを結び付け実社会での課題解決に生かすための教科横断的な教育(STEM、STEAM教育*¹)を実現することが目指されている。

*¹STEMにArtを追加した教育概念

今回、日本マイクロソフトよりHacking STEMの日本語版が公開されることになり、子ども向けプログラミング教育で十分な実績を誇るアーテックが対応キットを開発することになった。

アーテックの自社プログラミング教材『Studuino』(スタディーノ)シリーズは小学校理科と中学校技術科の教科書にも掲載され、これまでに小学校、中学校へおよそ40,000台を納品している(レンタル販売を除く)。

アーテックは対応キットの開発、販売を通して、Hacking STEMの日本での学校現場への円滑な導入に協力するとともに、日本のSTEM教育環境をより一層促進したいと考えている。

『風力発電測定キット』の特長

1.実験データをパソコン上に表示することで現象を科学的に分析し、考察を深める

手作りの風車の形や材料を工夫して、発電できるエネルギーを比べたり、場所による風の強さを比べたりする授業が行える。

風車に取り付けた発電機のデータを『Studuino』で電気信号に変換し、マイクロソフトが提供する「Hacking STEM」専用のExcelワークシートを使用することで実験中のデータをパソコン上に可視化し、風車の動きと発電量の関係をリアルタイムで測定することができる。

2.組み立て簡単でスムーズな授業進行が可能

実験に必要な部材はすべてセットされており、先生が実験準備をする手間を軽減する。

使用するのは縦・横・斜めのすべての方向に接続することができるアーテックオリジナルのブロック。

組立ても簡単で、何度も繰り返し使用でき、円滑な授業進行をサポートする。

3.理科や総合的な学習の時間ですぐに利用できる

開発にあたり、国立大学法人宮城教育大学 安藤明伸先生指導の下、宮城教育大学附属中学校での実践授業を行っている。

実践授業は「実験し結果を分析し解釈する理科の内容(Science)に、Microsoft Excelやマイコンボードおよびコンピュータの利用(Technology)、効率の良い羽根の製作(Engineering)そしてデータの扱い(Math)など、それぞれの教科で育まれた資質・能力を生かして課題を解決する教材を開発すること」*²を目的として行われた。

授業後の主観評価では「約93%の生徒が他教科との関連を意識できた」*³と回答している。

*²*³ 安藤明伸. 「アーテックロボ2.0を用いた風力に関するデータ計測を取り入れた理科実験観察教材の開発」日本STEM教育学会 第3回年次大会一般発表予.2020年, p.15-18.安藤明伸(2020)

この実践授業の成果として、西川洋平先生(宮城教育大学附属中学校教諭)が作成された学習指導案を、日本国内における「風力発電測定キット」の指導案として公開する予定。

日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 文教営業統括本部長 中井 陽子氏コメント

現在世界60以上の国々でSTEM教材として広く使われているHacking STEMの日本語版を公開するにあたり、アーテック様とコラボレーションできることを大変うれしく思っています。

アーテック様は学校教材のメーカーとして長く学校教育の現場を支えてきただけでなく、プログラミング教育の教材も全国の学校の授業で使用されています。

マイクロソフトが提供するHacking STEMはデータを活用して様々な探究的な学びを実現するためのSTEM教材ですが、アーテック様のキットを使うことで実験に必要な機材を一度に準備でき、よりスムーズに授業に導入することが可能です。実績のあるアーテック様のキットを通じて、日本中の様々な自治体・学校でHacking STEMを使った新しい学びが実践されることを願っています。

「Japan Edu day」について

Japan Edu day(主催:日本マイクロソフト株式会社、場所:オンライン、日時:2021年3月27日10時~11時30分)にて、アーテックのHacking STEM対応キットについて説明を行う。

下記リンクより来場登録することで、当日ライブ映像を見ることができる。

Japan Edu dayは日本マイクロソフトによるHacking STEMの紹介を中心とした充実の内容となっている。