ヒューマノーム研究所、クリックだけでデータ可視化からAI構築まで実現するデータサイエンス用ツール『Humanome CatData』を提供開始

株式会社ヒューマノーム研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀬々 潤、以下「ヒューマノーム研究所」)は、2021年3月10日より、データサイエンスに必要な全ての処理をブラウザのみで実現するノーコードツール(※1)『Humanome CatData』(ヒューマノーム・キャットデータ)の提供を開始することを発表した。

Basicプランの利用料は無料。

※1 ノーコードツール:プログラミングをすることなく、アプリやモデルなどを開発できるツール。作成にあたり、プログラミング言語やハード構築などの知識は必要としない。

『Humanome CatData』概要

提供開始の背景

DX(※2)・データによる業務改善には、社内にデータサイエンティストの存在が必須。

一方で、需要が高まるデータサイエンティスト数は2025年には8.8万人、2030年には12.4万人の不足が推定され(※3)人材不足が顕著である。

※2 DX:デジタルトランスフォーメーション。データやデジタル技術を活用することで、組織・ビジネスモデル等を変革し、競争優位性を確立するための企業の取組。

※3 第15回 産業構造審議会 産業技術環境分科会 研究開発・イノベーション小委員会(METI/経済産業省)資料3 p26「AI人材」の需要予測より引用。本稿では狭義のデータサイエンティスト需要と見なして代用。

社内教育も始まったが、データサイエンティストにはプログラミング・AI・統計に関する理解、計算機ハードウエアの知識など多様なスキルが求められ、高い育成ハードルがある。

CatDataは、中でも困難なプログラミングやハードウエアのハードルを取り去った。人材不在でもDXによる業務改善に向けたデータサイエンス環境を提供する。

DXによる業務改善は、情報分野の専門家を中心に試行錯誤を繰り返すことがの成功の鍵となる。

しかしながら、情報科学・データサイエンスの知識を持つ人材は世界中で不足しており、社内人材も一朝一夕には育成できない。

そこでヒューマノーム研究所は、今、DXを実現するために、専門知識のない方でもデータ分析・AI活用できる環境が必要と考え、統合データサイエンス環境「Humanome CatData」(以下「CatData」)を開発。

データサイエンスによる解析には、大きく分けて2種類のツールを必要とする。

  1. BI (Business Intelligence) ツール:データを可視化するツール。データを様々な切り口で可視化することで、データの持つ性質を見つけだす。
  2. AI(人工知能・機械学習)ツール・統計解析ツール:データの持つ複雑なパターンを自動で見つけ出す。

AIが自動で見つけたパターンは、そのままでは実用レベルに達しない。

BIツールによるデータの可視化や、AIツールに欠かせないデータの前処理(※4)を繰り返し、精度をチューニングする必要がある。

※4 前処理:解析・AI構築に用いる生データを整え、加工する作業。データ解析の7〜8割は前処理に割かれるとも言われ、価値ある解析結果のためには欠かすことができない。

サービス内容

CatDataは、表データ(Excelデータやカンマ区切り形式などのファイル)をアップロードするだけで、BIツールの行う「可視化」と、AIツールの行う「モデル作成や評価」を実現する、データサイエンスのためのプラットフォームである。

一般的に独立して提供されるBIツールとAI構築ツールをドッキングすることで、解析作業がワンストップで完結する環境をととのえた。

手持ちデータの可視化だけでなく、BIツールだけでは困難なAI構築と連携した予測結果の可視化を実現。

また、AI構築ツールには、自動化された最新の機械学習機能であるAutoML(※5)を搭載し、ボタンクリックだけで高品質なモデル構築を可能とした。データ解析にかかるさまざまな煩雑さを解決する。

※5 AutoML:AIモデル構築の際に、今までは人間が指定する必要があった値を自動的に計算機が探索する最新機能。CatDataでは有料版のみでの提供となる。

加えて、操作に関するメールでの相談や希望する独自機能との組み合わせも、プラン変更により可能。

これまで携わった数多くのAI開発・共同研究からの知見をもとに、顧客の希望に沿った解決策を柔軟に提案する。

また本商品は、AI構築の実際を通じたデータサイエンス教育向け用途としても利用できる。

データを自分の手で解析することで、データサイエンスやAI開発の流れを掴み、開発実務のスムーズな習得をサポートする。

ヒューマノーム研究所は、Humanome CatDataを通じて、生活の様々な場面でのAI活用を広げ、一日もはやい健康社会の実現を目指す。