中央大学、VR英語教育プラットフォーム「immerse」を使用した実証実験授業を実施

Immerse Inc.(代表取締役:クイン・テイバー、日本名:イマース・インコーポレーション)は、中央大学国際情報学部_iTL_の斎藤ゼミ(科目名「国際情報演習Ⅰ」)において、VR英語教育学習プラットフォーム「immerse」を用いた英語授業を斎藤裕紀恵准教授の指揮のもと実証実験として実施したことを発表した。

また、一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(以下、IIBC)の協力のもと、授業前後にTOEIC(R) Speaking Testにて定量的な学習効果を測定した他、授業後に評価項目を分けた定性的なアンケートも実施し、バーチャルでの語学学習がもたらす「心理的不安の軽減」が英語スピーキングの伸びに影響がでる可能性に対し、更なる実証実験を重ねていく。

中央大学における「immerse」実証実験授業の概要

中央大学におけるレッスンの様子

仮想バーチャル世界で英会話学習ができるプラットフォーム「immerse」を利用した英語学習の効果検証を国際情報学部_iTL_でEd Tech×英語ゼミを担当する斎藤裕紀恵准教授の指揮のもと昨冬に実施致し、今年にかけて検証を重ねてきた。

学生をレベル別に2グループに分け、それぞれのレベルに適したレッスン内容をグループレッスンのスタイルで約1ヶ月半実施。

IIBC協力のもと、VR英語授業の前と後にTOEIC(R) Speaking Testを受験し「VRにおける英語学習のスピーキング能力上昇による影響の因果性」を検証、また授業実施後に受講学生にアンケートを行うことで、定性的かつ定量的な測定を試みた。

実験後のアンケートにて、学生から確認できた「ジェスチャーや表情がわからない」「酔いを感じる」などの客観的なフィードバックを受け、昨年発表のあった最新のHMD「Oculus Quest2」に対応させることで、「指の動きなどの細かいジェスチャーへの対応」や「移動方法の改善による酔いの軽減」などを実現するなどサービス体験の改善へと繋がった。

VR英語学習による「情意フィルターの軽減」や「英語学習モチベーション上昇」

今回実証実験を指揮した斎藤裕紀恵准教授により、参加学生の情意フィルター(言語学習の心理的な不安感)の軽減や授業後の英語学習モチベーションへの寄与に関して以下のようにまとめている。

中央大学斎藤裕紀恵准教授

これまで、VR導入は情意フィルターを軽減する可能性が言われているが、VR授業実施前と実施後に行った外国語教室不安(Foreign Language Classroom Anxiety)に関するアンケート調査の結果では「外国語の授業で話しているときは、緊張して混乱する」等の項目がVR実施前と実施後では低下し、「外国語のクラスで話すときは自信がある。」「語学の授業ではプレッシャーを感じない。」等の項目の上昇が見られた。

またVR体験後の自由回答欄には「メンバーそれぞれの顔がアバターになっているので、話しやすかった。」「仮想世界だからこそ、作られた状況に没頭しやすい。そのため、自信を持って話すことができるようになる。」「VRでのレッスンを受けることで、実際のシーンを視覚的にも聴覚的にも感じることができる。」等、これまで先行研究の結果同様にVRでの英語授業が情意フィルターの低下、視覚的な没入体験、VR、モティベーション上昇に寄与したことが伺える。

TOEIC(R) Speaking Testの結果から見えるVR英語学習

また、今回の実証実験授業の定量的効果検証には、TOEIC(R) Speaking Testを利用している。

テストの提供・分析に協力をしたIIBCの三木耕介氏は今回の実験の定量的効果に関して以下の様にまとめ、期待をしているという。

実証実験前後のTOEIC(R) Speaking Testスコアから推察される、英語コミュニケーション能力の比較分析を行ったところ、半数の学生について、能力が上昇した可能性が高いことが確認されました。

また、その中の一部の学生に関しては、「論理的に話す」「課題を解決する」といった、ビジネスでも求められるような力を習得された可能性も見受けられました。今後、VRをはじめとするテクノロジーを活用した学習方法が大学英語教育における一つの手段として発展することを期待しております。

VR英語教育・学習プラットフォーム「immerse VLEP」に関して

Immerseでは、今回の実証実験やユーザーのフィードバックを重ねることで、バーチャルプラットフォームの継続的なアップデートをしている。

現在、Oculus社の最新VRHMDである「Oculus Quest2」に対応し、これまでバーチャル学習における学習者の課題であった「VR酔い」の軽減や「ノンバーバルランゲージ(ジェスチャーなど)」の追加をアップデートにより実現。

また、英語講師を持つ英語教育事業会社や高校・大学などの教育機関側がパソコンを利用し、ノーコードでバーチャル空間を使ったオリジナルレッスンやカリキュラムを直感的に作成することができるVR英語教育・学習プラットフォーム「immerse VLEP」の提供をしている。

今後も「バーチャル・リアリティで、英語の教え方と学び方を変える。」を実現すべく、サービス開発に力を入れていく。