高校生ビジネスコンテスト『第7回キャリア甲子園2020』全国2,009チームの頂点を決める決勝大会を3月14日に開催

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:中川信行)が運営する大学生向け総合メディア『マイナビ学生の窓口』は、高校生を対象にした国内最大級のビジネスコンテスト『第7回キャリア甲子園2020』の決勝大会を、2021年3月14日(日)に、池袋・harevutai(ハレブタイ)で開催することを発表した。

※このイベントは、内閣府と業界団体により策定されたガイドラインを遵守し、感染症対策を徹底した上で無観客で行う。

第7回『キャリア甲子園2020』全国大会決勝 開催概要

キャリア甲子園は、企業・団体が出題する課題に対して、高校生がチームを組んで課題解決に挑むビジネスコンテスト型アクティブラーニングプログラム。

第7回目の開催となる今年度のテーマは「Breakthrough」。

混沌とした社会を一点突破するような高校生の力を発揮する場として、2020年7月から予選がスタート。

文部科学省が指針を出している「探求型学習」の高まりに加え、昨今の情勢の中でも取り組めるプログラムであることもあり、今年は過去最高の6,870人・2,009チームの高校生が参加した(昨年度参加者数:4,318名・903チーム)。

決勝大会に残ったのは19人・6チーム。

論理的思考力や問題解決能力、プレゼンスキルだけでなく、ICT活用能力も兼ね揃えた、例年以上にハイレベルな6チームといえる。

大会当日は、半年以上かけて考え抜いたアイディアを1チーム10分以内で披露。その様子は「ニコニコ生放送」でインターネット生中継される。

日時

2021年3月14日(日)16:30~19:30

場所

池袋「harevutai(ハレブタイ)」(東京都豊島区東池袋1-19-1 Hareza池袋1F)

テーマ出題企業・団体

  • 本大会協賛企業:一般社団法人生命保険協会/東京電力ホールディングス株式会社/一般財団法人日本ユースホステル協会/バイエルホールディング株式会社/ピップ株式会社/三井住友カード株式会社(五十音順)
  • サポート協賛企業:大塚製薬株式会社/大正製薬株式会社/東和薬品株式会社
  • 主催・運営:株式会社マイナビ/株式会社Strobolights

協賛企業・団体出題テーマ(プレゼンテーション順)

  • 三井住友カード株式会社:2025年、キャッシュレス決済比率が40%になった社会において、キャッシュレスを起点にしたあなたたちのライフスタイル・価値観を提案してください。
  • 一般社団法人生命保険協会:生命保険会社の強みを活かし、人生100年時代における社会課題を解決する新しいサービスを創出せよ。
  • バイエルホールディング株式会社:世代や性別、そして育児や介護などの状況もさまざまに異なる人たちが、生活環境の変化のなかで、継続的に企業で働くことを可能にする施策を考えてください。
  • ピップ株式会社:今後大きく変わる消費者行動の変化のなかで、スリムウォークの新しいマーケティングプランを提案せよ。
  • 一般財団法人日本ユースホステル協会:Afterコロナ時代を見据え、日本の学生が旅に出たくなるような新しい旅行・宿泊施設の仕組みを提案せよ。
  • 東京電力ホールディングス株式会社:安心して快適に暮らせる災害に強いまちづくりを目指し、自由な発想で新たなサービスを提案せよ。

決勝進出チーム(プレゼンテーション順)

  • 三井住友カード代表/広尾ビーンズ。(東京・広尾学園高等学校)
  • 生命保険協会代表/うさぎかふぇ(東京・豊島岡女子学園高等学校)
  • バイエル代表/SKD48(埼玉・坂戸高等学校)
  • ピップ代表/Part of My world(奈良・帝塚山高等学校)
  • 日本ユースホステル協会代表/そばかす(京都・同志社高等学校)
  • 東京電力代表/ぐーふぉ(東京・渋谷教育学園渋谷高等学校)

決勝大会審査員

  • 宇田 左近(ビジネス・ブレークスルー大学 副学長 経営学部長 教授)
  • 高木 彩(経済産業省 経済産業政策局 産業創造課 新規事業創造推進室 係長)
  • 下山 明彦(senjin holdings CEO/東京大学 教育学部 6年生)
  • 三谷 昌彦(株式会社マイナビ 上席執行役員 未来応援事業本部長)