Edv Future、総合的な探究の時間に関するカリキュラムを「Edv Path」にてリリース

「未来ある子どもたちの情報格差をなくして、自ら意思決定できる人を増やす」をミッションに掲げるEdv Future株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:山崎泰正)は、2022年度より全国の高等学校で新設される新科目「総合的な探究の時間」に関する授業カリキュラムを、非認知能力育成サービス「Edv Path(エデュパス)」にて2021年3月5日に正式にリリースいたしたことを発表した。

さらに、今回の正式リリースに際し、全国の中学校及び高等学校を対象に、「総合的な探究の時間」に関するカリキュラムを2021年9月30日までに申し込んだ学校を対象に無料で提供する。

「総合的な探究の時間」に関する授業カリキュラム概要

Edv Futureが提供する「総合的な探究の時間」に関する授業カリキュラムは、「非認知能力(ポテンシャリティー)」の向上を目的とした内容のカリキュラムで構成しており、総合的な探究の時間で求められる「生きる力」を育成できるようになっている。

非認知能力(ポテンシャリティー)とは、将来的な幸せや経済的な安定につながる可能性が高いとされている能力であり、今回の学習指導要領の改訂でも重要と位置付けられている「自ら学びに向かう力」を伸ばすための基盤となるものである。

今回提供される授業カリキュラムは、学校指導要領に沿った内容の授業を実施することができる授業資料や配布資料、授業の構成案を含んでいる。

これにより、ノウハウの無い先生でも円滑に総合的な探究の時間の授業を展開することができる。

また、本カリキュラムでは、大学入試でも近年評価されるようになっている「思考力」の養成も可能。

総合的な探究の時間のみならず、学力向上にもつながる思考力を養成することができるのが、Edv Pathが提供するカリキュラムの特徴でもある。

Edv Pathの制作した「総合的な探求の時間」に関する授業カリキュラムと、高等学校向け非認知能力育成サービス「Edv Path(エデュパス)」を併せて活用することで、学校内での探究に関する授業レベルを統一させることができる上、カリキュラムに沿って授業を行うことで現場におけるノウハウに関する課題を解決することができる。

さらに、Edv Path(エデュパス)で子供たち一人一人の非認知能力を数値化し、適切なアプローチを行うことができるため、カリキュラムに沿った一面的な授業展開だけではなく、生徒ごとに着目した個々の成長を図ることができる。

また、学校現場において、先生たちの経験値は様々。

長年教師をしている先生もいれば、新任の先生もいる。

このような状況を鑑みても、今回提供される授業カリキュラムとEdv Path(エデュパス)を併用することで、学校内における先生間の情報共有の円滑化や授業精度の均等化を図ることが可能になるだけではなく、学校教育のICT化による業務工数削減も実現する。

例えば、総合的な探究での授業制作時間の工数、生徒との3者面談・フィードバック効率化と記録工数、クラス変更に伴う生徒情報の引き継ぎ工数が主な業務工数削減になると考えている。

「総合的な探究の時間」に関するカリキュラム制作の背景

2018年3月年に学習指導要領が改訂され、来たる2022年度より全国の高等学校では「総合的な探究の時間」が新設される。

新たに設けられる「総合的な探究の時間」では、子供たちが積極的に変化に向き合い、他者と協働して課題解決を行ったり、情報を再構成することができるようになることを求めている。

その中で、「生きる力」の重要性が強調されており、それを具体化するための子供たちが未来社会を切り拓くための資質・能力の3つの柱として「学びに向かう力」「思考力・判断力・表現力」「知識および技能」を変化の激しい現代社会で生き抜くために必要な力として再構築。

その結果、全国の高等学校に対して、「総合的な探究の時間」を新設し、自身の生き方や在り方を探究する能力を育成する時間が設けられることとなった。

しかし、学校現場では、政府の求める「生きる力」の育成のためにどのような授業を作ったらいいのか変わらないという悩みがあるのが現状である。

新たに新設される授業のため、ノウハウが現場に蓄積されていないことが原因の一つとなっている。

こうした学校現場における現状に対し、Edv Futureでは「総合的な探究の時間」に活用できる授業カリキュラムを制作。

Edv Futureが提供する、高等学校向け非認知能力育成サービス「Edv Path(エデュパス)」にてカリキュラムを提供することを決定した。

「総合的な探求の時間のカリキュラム」期間限定無料提供の概要

実施期間

2021年4月1日(木)~9月30日(木) ※2021年9月30日(木)までに申し込むこと。

提供内容

総合的な探究の時間の年間カリキュラム提供、Edv Pathサービス全般

対象

全国の中学校および高等学校

料金

無料

申込方法

Edv Path公式サイトより申込み。

​「Edv Path」概要

非認知能力成長支援サービス「Edv Path(エデュパス)」は2020年9月1日にリリースされたサービス。

Edv Pathは、「非認知能力(ポテンシャリティー)」に着目し、生徒一人一人の非認知能力を数値化し、データとして蓄積。

生徒の成長支援を行い、最適なカリキュラムを提案する生徒管理システムである。

非認知能力とは、学力以外のスキルの総称であり、「目標に向かい頑張る力(グリット力)」、「コミュニケーション能力」、「前向きにとらえる力」、「行動力」、「感情をコントロールする力」など、テストなどで測定できない力のことを指す。

2020年の教育改革では「非認知能力」は最も重要とされる能力であり、ノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・ヘックマンによれば、「非認知能力が高いと、将来幸せや経済的な安定につながる可能性が高い」とされている。

「Edv Path(エデュパス)」では、数値化した生徒の非認知能力を基に、その成長支援を行うための環境作りやカリキュラムを提供する。