アドビがInspire Highのオフィシャルパートナーに、中高生のクリエイティビティ向上に関する調査協力校を募集

アドビ株式会社(日本オフィス:東京都品川区、代表:ジェームズ マクリディ、以下:アドビ)と、世界中の創造力と自分をつなぐ10代のためのライブ配信プログラムを手がける『Inspire High(インスパイア・ハイ)』(運営企業:株式会社Inspire High、本社:東京都世田谷区、代表:杉浦太一)は、クリエイティビティの向上に関する調査を共同で実施するためにオフィシャルパートナー協定を締結したことを発表した。

アドビとInspire Highのオフィシャルパートナー協定について

今回の調査対象であるクリエイティビティは、予測不可能で不確実な未来を生き抜くために、これまで以上に注目されている非認知スキルの一つと言われている。

一方で、非認知スキルは数値化しずらいために、いまだ習得方法や評価方法が確立していない分野である。

そうした中、アドビは、これまでもクリエイティビティに関する世界的な意識調査を行い、クリエイティビティが社会で果たす役割について明らかにしてきた。

今回の共同調査では、これまでの知見を生かし、機械やAI(人工知能)に代替されにくい人間ならではのスキル「クリエイティビティ(創造力)」の育成・向上に関する調査を、Inspire Highのプログラムをもとに実施する。

両社では、本調査に協力してもらう中学校・高校を募集する(募集期間:2021年3月4日〜3月25日)。

すでにInspire Highとオフィシャルパートナー協定を結んでいる、広尾学園中学校・高等学校、ドルトン東京学園、クラーク記念国際高等学校は同調査に参画予定。

調査の結果は両社と参加校より、2021年秋頃に公表予定。

アドビ株式会社 マーケティング本部バイスプレジデント 秋田夏実氏より

アドビは、Creativity for All: すべての人に『つくる力』を、というミッションのもと、中高生を始め、日本の子どもたちの創造力を伸ばし、また子どもたちが自分の創造力に自信を持つためのサポートを続けています。

昨年当社が実施した『日本の高校生の創造力(クリエイティビティ)に関する意識調査』でも、小学校高学年から中学校および高校時代に子どもたちが自分のクリエイティビティに対する自信を持つことの重要性が明らかとなっており、今回の調査が、子どもたちが将来活躍するためのスキルを培う一助になることを期待しています。

Inspire High, Inc. 代表取締役 杉浦太一氏より

Inspire Highは、クリエイティビティは誰しもに眠っている力であり、特定の職業にのみ必要なスキルではなく、21世紀を誰もが自分らしく社会で生きていくために必要な力であると考えています。しかし、クリエイティビティをはじめとした非認知スキルは、注目を集めてはいるものの、測定や数値化が難しいことからなかなかそのメソッドが体系化されず、教育現場にも浸透しづらいのも事実です。

今回、人のクリエイティビティを最大化していくことに尽力してこられたアドビ社と共同で、10代の若者のクリエイティビティについて調査を合同でできることを大変嬉しく思い、どのような結果と出会うことができるかとてもワクワクしています。

調査実施協力校の募集について

本調査に参加する協力校を全国から募集している。

参加方法は、調査期間(2021年4〜7月)中にInspire Highの無料体験版プログラムを学校で実施、その前後でアンケート調査を行う。

募集期間

2021年3月4日(木)〜3月25日(木)まで ※一定数に達した時点で募集を締め切る場合あり。

「アドビ」について

アドビは、世界を変えるデジタル体験を提供する。

このアドビのビジョンは3つのクラウドサービスで支えられている。

Creative Cloudは、写真、デザイン、ビデオ、web、UXなどのための20以上の デスクトップアプリやモバイルアプリ、サービスを提供している。

Document Cloudでは、デジタル文書の作成、編集、共有、スキャン、署名が簡単にでき、デバイスに関わらず文書のやり取りと共同作業が安全に行える。

Experience Cloudは、コンテンツ管理、パーソナライゼーション、データ分析、コマースに対し、顧客ロイヤルティおよび企業の長期的な成功を推進する優れた顧客体験の提供を支援する。

これら製品、サービスの多くで、アドビの人工知能(AI)と機械学習のプラットフォームであるAdobe Senseiを活用している。

アドビ株式会社は米Adobe Inc.の日本法人。

Inspire Highとは

Inspire High(インスパイア・ハイ)は、世界中の創造力と自分をつなぐ、10代のためのライブ配信プログラム。

ライブ配信プログラムを通して、普段ふれあう機会の少ないアーティストや起業家、研究者などクリエイティブに生きる大人たちと、答えのない問いについて考え、共有しあう。

スマートフォンとインターネットさえあればどこからでも参加できるサービスである。

一般利用だけでなく、各都道府県教育委員会や中学校、高校と連携し、キャリア教育やクリエイティブ教育の教材としても数多く活用されており、経済産業省の2020年度「未来の教室」実証事業、及びEdTech導入補助金対象事業にも採択されている。

2021年度からは、学校向けプランを刷新し、学校現場での導入に最適化されたプログラムの提供を正式に開始する。

 


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。