あんず堂、オンラインで職業体験×プログラミングを学べるスクール「ピボタウン」を開始

子ども向けのプログラミング教育事業を手掛けるスタートアップである株式会社あんず堂(本社:大阪府大阪市北区、代表取締役:播磨貴文 以下あんず堂)は、子どもたちがオンラインレッスンで職業体験×プログラミングを学べるオンラインスクール「ピボタウン」を開始することを発表した。

コロナ禍でも全国どこでも安全に受講でき、テクノロジーと社会のかかわりを学ぶことのできるサービスを2021年3月よりプレオープンを開始する。

「ピボタウン」とは

背景

2020年度より小学校でのプログラミング教育必修化が開始され、テクノロジーと社会の関わりについて知ることはこれからの時代に必須の素養とされるようになった。

その一方で、保護者においては、これまでに馴染みのないため家庭での学習は難しく、すべでの子どもたちが学べる環境が整備されていない。

また、ICTをはじめとするテクノロジーは社会の色々な場面と調和し、溶け込んでいる。

しかし、ゲームクリエイターやプログラマー、YouTuberが人気の職業であるが、その夢にたいして今日からできることがない事が多い。

ひとりひとりの「やりたい」気持ちを応援し、これまでは学ぶことができなかった体験を様々な企業やサービスと協力して提供することで、子どもたちの個性を育みアクティブラーニングを促すことが必要である。

一方で、子どもたちの習い事の多くもコロナ禍で大きく変化し、オンラインレッスンが一般化している。

オンラインだからこそ、全国どこにいても質の高い教育を受けられる『職業体験×プログラミング』のレッスンを提供する。

未来を生きる子どもたちにとって、これまでのような画一的な教育ではなく、子どもたちの興味関心に基づいて社会の基盤であるテクノロジーを学ぶ体験が必要とされている。

多様なテクノロジーは今後ますます発達していき、子どもたちが社会に出る頃には常に学ぶ姿勢が必要とされる。

サービスの特徴

ピボタウン
  1. 子どもたちのあこがれの職業をレッスンを通じて体験することができる
  2. 実在の企業と提携して作成したカリキュラムで実践的に将来役に立つスキルを学ぶことができる
  3. オンラインレッスンで全国どこでも安全にレッスンを受講できる

子どもたちが憧れの仕事を体験できる仮想都市<ピボタウン>

「ピボタウン」は様々な職業の中のテクノロジーを学ぶことができる。

子どもたちが好きなジャンルの職業を選び「どんな仕事をしているのか」「どんなテクノロジーが使われているのか」を学びながら将来役に立つテクノロジーのスキルを身につける。

電車、鉄道のカリキュラム例

  • 自動改札機の仕組みを知ろう
  • 鉄道会社で働くには?
  • 車内放送システムを作ろう
  • オリジナルデザインの電車をつくろう

病院のチャットボットを作ろう

  • お客様の困りごとを発見しよう
  • 人工知能(AI)で身の回りをもっと便利に
  • チャットボットとは?

ピボタウンで変わる教育

実在の企業と提携しカリキュラムを構築していくことで、子どもたちにとってより本格的な仕事を体験できる環境をつくる。

多種多様な職業体験やカリキュラムを用意し、ひとりひとりの「やりたい」気持ちを応援し、これまでは学ぶことができなかった体験を提供していく。

実際の企業での職業体験をしていく中で、授業中にアウトプットを繰り返し、作ったものを他の人に見てもらうので、子どもたちの積極的に学ぶアクティブラーニングを取り入れた授業を提供する。

レッスンを通して、子どもたちの個性を伸ばし、積極性を育みながら、「AIに奪われない仕事」に必要とされるスキルを身につけることができる。