Springin’とテックアカデミージュニアが連携、小学校低学年の子ども向けにプログラミング教材を提供開始

株式会社しくみデザイン(本社:福岡市博多区、代表取締役:中村俊介(芸術工学博士)、以下「しくみデザイン」)が開発・運営するビジュアルプログラミングアプリ「Springin’(スプリンギン)」は、キラメックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:樋口 隆広、以下「キラメックス」)が提供する、小中高校生向け実践的プログラミングサービス「テックアカデミージュニア」と業務提携したことを発表した。

Springin’、テックアカデミージュニア双方の強みを活かし、小学校低学年の子ども達がプログラミング的思考、創造性、ICTリテラシーを身に付けるための機会を提供する。

「Springin’」と「テックアカデミージュニア」業務提携の概要

実施に至った背景、課題

IoTやAIの進展、高度IT社会の到来を受け、令和2年度から小学校でのプログラミング教育が必修化となった。

教育現場では多種多様な教材・学習ソフト等を活用したプログラミング教育の充実が求められている。

これまでテックアカデミージュニアでは小学4年生〜高校3年生を対象に、基礎から実践までステップアップ式のカリキュラム、かつ実践的なプログラミングサービスを提供してきた。

一方Springin’は直感的な操作で、ゲームや絵本、楽器などの作品をつくりながら未来を生きるために必要なプログラミング的思考、創造力、ICTリテラシーを身につけることができるため、小学校低学年からの学習が可能。

そこで、「テックアカデミージュニアとSpringin’双方の強みを活かし、全国の子ども達にスキルを身に付けてもらいたい」という両社の想いの元、業務提携をすることにいたった。

本提携により、テックアカデミージュニアでは小学1年生〜高校3年生までの「K-12」に対して、一貫したプログラミングの教育機会を提供することが可能になった。

Springin’での学習後はより実践的なプログラミング教材テックアカデミージュニアの学習に進むことが可能。

全国の子ども達がただプログラミングの知識を身に付けるだけでなく、社会や身の回りに対して目を向け、プログラミングを使って課題解決のために何ができるのかを考える機会、環境づくりを促進していく。

テックアカデミージュニアで提供されるSpringin’プログラミング教材の概要

テックアカデミージュニアを導入した新規の導入事業者に対し、教育機関向けSpringin’とカリキュラムを提供する。

また、テックアカデミーがプログラミング学習の運用や集客方法についても、総合的に無料で支援する。

対象

  • プログラミング教育を既に実施している事業者
  • これから新たにプログラミング教育の実施を検討している事業者

提供開始

2021年4月〜

特徴

  • プログラミング作品の創作活動を通じてプログラミング的思考にとどまらない幅広い能力を身につけることができる。Springin’では最短で1年かけて40個の作品を創作。ステップアップとなるテックアカデミージュニアのScratchコースでは48個の作品を約2年間かけて創作していく。
  • プログラミングについての知識がない指導者でも利用することが可能。子どもたちが主体となって学習していく内容となっているので、プログラミングの知識が全くなくても安心して利用できる。
  • 小学生1年生から高校生3年生までを対象にしたカリキュラムを網羅していることから、顧客生涯価値(LTV)の最大化につながる。

今後の展望について

ビジュアルプログラミングアプリSpringin’とテックアカデミージュニアを活用し、プログラミング的思考、創造力、ICTスキルを身につけ、これからの社会に求められるテクノロジーで問題解決できる人材の育成を目指す。

そのためには、全国の教育機関による「学ぶ場」と「先生」の存在が必要不可欠である。

今後も子ども達にとって良い教育とは何か模索しながら、全国の教育事業者と連携し、一人でも多くの子ども達にプログラミングの学習機会を届けていく。

Springin’とは

Springin’は、しくみデザインが開発する、文字を使わずに誰でも簡単にデジタル作品がつくれるプログラミングアプリ。

プログラミング未経験者や、まだ読み書きができない低年齢の子どもでも、描いた絵や写真に、音や動きをつけられる属性アイコンの組み合わせで、ゲームや動く絵本など自分だけのオリジナル作品をつくりだせるクリエイターになれる。

また自分がつくったデジタル作品をアプリ内のマーケットを通じて、他のユーザー向けに配信したり、他のユーザーがつくった作品をダウンロードできるプラットフォームも備えている。

今年度には、文部科学省、総務省及び経済産業省による小学校プログラミング教育の充実を図る取り組み「みらプロ2020」で採択され、プログラミング教育の現場での注目を集めている。

またSpringin’を使ったプログラミング教材、小学校での学習指導案、アカウント管理や先生・生徒間のデータ共有が可能なクラウド環境が備わった教育機関向けプログラミング教材サービス「Springin’ Classroom」の提供も行っている。

2020年10月末から提供を開始して以来、100件を超える教育機関・法人からのアカウント申込実績がある。

 対応OS

iOS 10.0以降。 iPhone、 iPad、 および iPod touchに対応。

※Android版は2021年春から教育機関で導入できるよう開発を進めている。

価格

無料

テックアカデミージュニアとは

全国の学習塾・教育者を対象にした小中高校生向け実践的プログラミングサービス。

独自で開発した学習システムは、基礎から実践までステップアップ式のカリキュラムとなっており、生徒が1つの画面で迷うことなく学習を進めることが可能。