KIBOW社会投資ファンドが奨学金関連サービスを手掛けるSCHOLに出資、奨学金を通じて「諦めなくていい」社会の実現へ

一般財団法人KIBOW(東京都千代田区、代表理事:堀義人、以下KIBOW)が運営する「KIBOW社会投資ファンド2号」は2月19日、奨学金関連サービスを提供する株式会社SCHOL(東京都千代田区、代表取締役:松原良輔氏)への投資を実行したこを発表した(金額非公表) 。

KIBOWとしては、9件目の投資案件となる。

SCHOLは、夢を諦めなくていい社会を作り出すための奨学金プラットフォーム「SCHOL」を構築し、奨学金の受給を目指す学生と奨学金提供団体の双方を支援する事業を展開している。

今回の増資を受け、奨学金提供団体向けのシステム開発を加速し、より多くの団体による多様な奨学金の運営を促進する。

また、返済の必要のない給付型の奨学金を拡大させ、その情報が学生たちに届くよう情報サイトを充実させる。

KIBOW社会投資ファンドでは、日本の教育機会の不平等の問題を是正し、貧困の世代間連鎖を断ち切るために、奨学金は大きな役割を果たし得ると考えているという。

新型コロナウイルスの感染拡大後、学生を取り巻く環境が大きく変化し多様な奨学金の普及が求められる中、SCHOLが本課題を解決に導くことを期待し、今回の出資を決定した。

SCHOLはサービス提供開始から数ヶ月で運営するサイトに1万人以上の登録者数を獲得し、また複数の奨学金提供団体からの業務アウトソーシングを開始している。

奨学金業務に精通し、かつ豊かな起業経験とシステム開発経験を有するSCHOLのチームが、今後新たな奨学金の流れを創ることを期待しているという。

またKIBOWは今後出資に加えて、社外取締役としてグロービス経営大学院教員の許勢仁美氏を選任し、その経営を支援していく。