アダストリアがフランス発エンジニア養成機関42 Tokyoに協賛、「アパレル×IT」の取り組みへ

一般社団法人 42 Tokyo(本社:東京都港区、代表理事 亀山敬司)は、株式会社アダストリア(本部:東京都渋谷区渋谷2-21-1、代表取締役 会長兼社長:福田三千男)からの協賛が決定したことを発表した。

42 Tokyoへのアダストリアの協賛について

アダストリアは、これまでスポーツチームへの協賛、移動着の提供やスタッフユニフォームのデザインを手掛けるなどファッションの力で「もっと楽しい」を提供すべく、他業界との取り組みを積極的に実施してきた。

今回、「挑戦したいすべての人に質の高い教育を」を理念に掲げる「42 Tokyo」の設立意義に共感し、協賛が決定。

アダストリアのIT業界との取り組みは、本協賛が初の試みとなる。

42 Tokyoとの取り組みの第1弾として、42 Tokyoの学生を応援すべく、42 Tokyo学生に向けて、パーカーの制作と配布を行った。

オリジナルパーカーのポイント

今回42 Tokyoの学生に配布するパーカーはアダストリアがデザインしており、42 Tokyoは18歳以上であれば年齢、学歴、性別に関係なく、平等に教育を受けられる場ということで、年齢・性別問わずどんな方にも着てもらえるようシンプルなデザインにしている。

42 Tokyoのイメージカラーである黒を基調とし、正面から見えるようにロゴを手前に配置。

どんなボトムスとも合わせやすく、42 Tokyoにいる間はもちろん、街中でも着れるようなデザインとなっている。

アダストリアの「アパレル×IT」の今後について

アダストリアはこの協賛を「アパレル×IT」という新たな取り組みの第一歩とし、今後もテクノロジーを通じて、さらなる企業活動の発展へ繋げていきたいとの想いから、42 Tokyoとの対談も行った。

詳細は下記を参照。

アダストリアでは、IT化が進み、顧客との出会い方や接点は店舗だけでなく、SNSやWEBストアなど少しづつ変化してきている。

これまでの良い部分は残しながらも、こういった新たな動きに順応し、顧客との新たな出会い方やリピーター獲得の方法を模索している。

また、WEBストアのみならず、実店舗を持つことはひとつの強みであり、オンラインとオフラインを掛け合わせた幅広い年代のデータを活用し、今後もよりよい商品作りやサービス提案をしていきたいと考えているという。

今回、第1弾のオリジナルパーカー制作だけに留まらず、今後は42 Tokyoの学生とアダストリアでプロジェクトチームを組み、上記のような課題解決に向けても動き出していく予定。