スキルアップAIがAI学習者にアンケートを実施、エンジニアを目指したきっかけは「最先端の技術で世の中に価値を生み出したいから」が最多

スキルアップAI株式会社(以下スキルアップAI、東京都千代田区神田三崎町3丁目3-20 VORT水道橋Ⅱ 5F、代表取締役 田原 眞一)は、明日2月19日から実施される2021年第1回E資格試験(※)を前に、AI学習者に対しアンケート調査を実施し、結果を発表した。

※一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA開催)

AI学習者に対するアンケート調査結果概要

アンケート調査はAI学習者およびE資格試験受験者の動向を探ることを目的とし、2月10日に開催したスキルアップAIキャンプ第5回「E資格本著者が教える E資格直前対策セミナー 深層学習編」の受講者に対し任意でアンケートへの回答を依頼したもので、有効回答数は95。

まず、アンケート回答者のうち、2021年第1回E資格試験を受験予定なのは65人、それ以降に受験を予定しているのは23人だった。

AIエンジニアを目指したきっかけ(複数回答可)

AIエンジニアを目指したきっかけを聞いた質問(複数回答可)において、選択肢「最先端の技術で世の中に価値を生み出したいから」が最も多く、AIを学習している人は社会貢献意欲が高いことがわかった。

次いで「AIが好きだから」「キャリアアップしたいから」が続き、好きな技術を使って社会も自分自身もステップアップしたいと考えている様子が伺える。

一方、「将来に不安があったから」も一定数の回答を集め、将来必要とされる技術を習得しようと現実的に考える人もいるようだ。

AIエンジニアは一般的に待遇が良いとされるが、「待遇が良いから」を選んだ人は10人に過ぎず、必ずしも待遇重視ではないことがわかる。

E資格に関する学習期間

E資格の学習難易度を聞いた質問(択一)では、「とても難しい」と「難しい」と回答した人が95人中93人となり、E資格のレベルの高さが浮き彫りになっている。

E資格の勉強期間を聞いた質問(択一)について、明日より実施される第1回試験を受験予定の65人を見ると、「4か月~6か月」が30人、次いで「2か月~3か月」で17人、「6か月~1年」も13人となり、十分な準備の上で試験に臨んでいるようだ。

2021年第2回のE資格試験は8月に予定されているので、余裕を持って試験に臨むためには今から受験に向けた準備を開始できると良さそうだ。

スキルアップAIでは今回のアンケートで見られたニーズに対応すべく、AI学習者のレベルや状況に応じた教育プログラムの提供とAI人材のキャリア支援を行っている。

AIを学習する人が現場で使える実践的な力を身に着け、社会に価値を提供できる最適なキャリアに歩むことを支援し、ミッションである「学びを加速する」の実現に向けて取り組んでいく。

AI求人特化型転職支援サービス SkillUp AIgentについて

AI人材育成のプロフェッショナルファームであるスキルアップAIが提供する転職支援サービス。

企業内に入って人材育成を行っているからこその知見を元に、非公開求人の紹介と求職者のスキルを可視化した企業へのアピールでAI人材の転職を支援する。

転職後もスキルアップAIの講座を受講可能でアフターフォローもしっかりしている。

現場で使えるディープラーニング基礎講座について

高い合格率を誇るE資格対応のJDLA認定プログラム。

5万円~の手頃な価格でE資格に合格するレベルの知識や、プログラミングレベルでAIを実装する技術を身に着けることができる。

無料トライアル版も用意されている。