Schoo、オンライン学習についての調査で「導入したい」「社員の成長に繋がる」等4項目で1位を獲得

株式会社Schoo(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森 健志郎)は、2020年12月〜1月に実施したオンライン学習についての調査(以下「本調査」)を実施し、計4項目でNo.1を獲得したことを発表した。

Schooのビジネスプランでは、「今学びたい学習コンテンツに出会える」をコアバリューとし、社会人向け学習動画を約5,800本提供している。

ビジネスマナーやスキル、営業・プログラミング・デザインの実務スキルについてオンライン動画にて持続的な学習環境を提供することで導入企業は累計1,600社を突破(2020年12月末時点)。

学習動画を元にした研修カリキュラムの提供やレポート提出、利用者の学習時間・学習傾向から興味のある分野を分析できる。

自発型学習による社員一人ひとりの潜在した可能性との出逢い、成長の機会の提供に役立てられている。

「オンライン学習サービス 10社を対象にした比較イメージ調査」概要

調査方法

インターネット調査

調査期間

(※1,2,4)2021/1/8~12、(※3)2020/12/10~14

調査対象

男女、全国

  • (※1)20-49 歳、人事、252人
  • (※2,4)20-69 歳、人事・課長職以上、145人
  • (※3)20-59 歳、部長職以上、286人

調査実施

株式会社ショッパーズアイ

比較対象企業

想定上位2社、「オンライン学習サービス」Google検索上位7社((※1,2,4) 2021/1/5時点(※3) 2020/11/18)

Schooが1位を獲得した部門

  • ※1. 導入したい
  • ※2. 社員の成長に繋がると思う
  • ※3. 自社の人材育成に取り入れてほしい
  • ※4. 学びたいものが一番ある

 


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。