Vertech Consulting、お金を支払えば誰でも開発現場での実務経験を積める「ギミジョブ」を提供

Vertech Consulting株式会社(本社:愛知県名古屋市中村区 代表 大久保 将広)は未経験エンジニアが転職を成功させるために、企業案件を通して実務経験を積むことのできる教育サービス、ギミジョブを提供していることを発表した。

実務経験を通して未経験者であっても転職しやすくする社会を目指す。

エンジニアとして実務経験が積める「ギミジョブ」とは

ギミジョブは、お金を支払えば誰もが企業の開発現場で実務経験を積むことのできるサービス。

昨今、転職はしやすくなったが、依然として実務経験のないエンジニアが転職することはまだまだ難しいのが現状である。

技能がある人でも、実務経験がない場合に企業は中途採用しない傾向にある。

ギミジョブでは実務経験が無いことで転職ができない、といった問題を解決していく。

実務経験の内容について

ギミジョブでは実務経験を完全再現するために資料は一切用意せず、開発業務のタスクを教材として扱っている。

本来開発業務では決まった作業をルーティンワークとして行うことの方が珍しく、常に新しい課題に立ち向かうことが必要である。

しかし、プログラミングスクールではマニュアルやテキストを作成して教育を行っているため、マニュアル作業しかできないエンジニアが育ってしまう。

そのような課題をギミジョブでは解決し、常に新しい課題を解決するための思考力やプログラミング能力を養うタスクベースのプログラムを提供している。

実務経験が積めるサービスについて

主にRuby on Railsをベースとした自社開発案件を扱っている。

サービスが解決するのはBtoB向けのSaaSやマッチングサービスで、決済やチャット機能、アナリティクス機能などを有しており、最新のWeb系の開発を体験することが可能。

※運営会社の顧客でギミジョブ事業に案件を提供することに同意している案件のみ参加が可能。

利用者の声

β版ユーザーからは、

  • プログラミングスクールでは実務を経験することができなかったので非常に勉強になる
  • コードの書き方や自動テストなど、現場で必須な業務がわかった
  • 本当の実務を経験することで転職活動に活かせる

等の声が寄せられている。

既存のプログラミングスクールではマニュアルベースのテキストとなるが、ギミジョブでは実務案件をテキストとして扱うので、「実務経験が積めない」といった大きな社会課題を解決できているという実感を得ている。

今後の展望

現在はRuby及びJavascriptをメインで取り扱っているが、世界的にも普及が進んでいるPythonの案件を強化していく予定。

また、ギミジョブは教育事業だが、今後は人材紹介を行うための許認可申請や、営業体制を整え、教育だけでなく転職までサポートしていきたいと考えているという。