変なホテル舞浜 東京ベイ、シャープのコミュニケーションロボット「RoBoHoN」でプログラミング体験できる宿泊プランを開始

シャープのコミュニケーションロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用したプログラミングの体験ができる宿泊プランを、H.I.S.ホテルホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩間 雄二)が、2月16日より「変なホテル舞浜 東京ベイ」(以下、変なホテル舞浜)にて販売開始することを発表した。

変なホテル舞浜 プログラミングの体験ができる宿泊プラン概要

  • 密な状態を避け、ホテルの客室でシャープのロボホンやタブレット、AI教育パックを活用して、プログラミングの体験ができる
  • 客室のテレビで解説動画を視聴しながら、プログラミングによりロボホンを操作できるほか、AI学習による人物や果物の画像認識も可能

変なホテル舞浜では、全客室にホテルの施設や周辺情報を知らせるロボホンが設置されている。

本プランはこのロボホンに加え、専用のタブレットと「AI教育パック」を使用。

タブレットには、プログラミングツール「ロブリック」がインストールされており、ブロックを組み合わせる簡単な操作でロボホンの動作や対話プログラムを作成し、その場ですぐにロボホンを動かすことが可能。

また、「ロブリック」のAI学習による画像認識機能を使い、ロボホンに人物や果物などを記憶させることもできる。

学習した対象物をロボホンのカメラで認識すると、あらかじめプログラムした通りにロボホンが動作や発話をする。

密な状態を避け、ホテルの客室でロボホンの操作や対話を楽しみながら、プログラミングを体験することが可能。

さらに、客室のテレビで解説動画を視聴できるので、手順を確認しながらプログラミングをすることができる。

「AI教育パック」とは

「ロブリック」などのプログラミングツール、AIの基礎知識、応用分野などの授業カリキュラムをセットにした小学校向けの教育パック。

授業カリキュラムは、小学校におけるプログラミング教育をはじめ、ICT教育の導入を積極的に推進する松田孝氏(合同会社MAZDA Incredible Lab代表/東京都小金井市立前原小学校前校長)が監修した。

シャープは、コミュニケーションロボットを活用したプログラミング教育を通じ、主体的な学びにつながる機会の創出に取り組んでいく。