AWS Edstartに日本で2社目に採択されたEdTech企業「Study Valley」シードラウンドで資金調達を実施

株式会社Study Valley(東京都江戸川区東葛西5-13-9-405、代表取締役 田中悠樹)は、複数の個人投資家を引受先とした第三者割当増資により資金調達を実施したことを発表した。

調達した資金は、学習・業務支援プラットフォーム「TimeTact」のシステムの拡充や今後の新規事業の開発に充てる予定。

教育業界におけるデジタルシフトの促進を加速させ、教育から日本の未来を変える企業を目指し、成長していく。

資金調達の背景

2020年1月に創業した株式会社Study Valleyは、小学生向けの算数AIアプリ「アンカー」の展開からスタートし、EdTechの技術や教育業界の幅広いコミュニティを活かし、サービスを大きく成長させてきた。

現在は学習・業務支援プラットフォーム「TimeTact」を開発し、塾や家庭教師、自治体向けのサービスを展開している。

また、経済産業省の未来の教室が運営をスタートする「STEAMライブラリー」のシステム構築事業者にも採択され、世界が注目する最新のSTEAM教育を全国に配信する。

今回調達した資金は、既存事業の開発費、人材費に投資し、既存事業の顧客基盤をさらに拡大していく。

また、日本の教育をテクノロジーの力で変革する新規事業開発への投資を行っていく。

Study Valleyについて

提供するサービス

【日本で2社目】AWS Edstartに採択

AWS Edstartは、EdTech(教育×テクノロジー)に関するAWSのスタートアップアクセラレーターで、無資本金融のサポートや技術トレーニング、グローバルコミュニティーへのアクセスなど様々なサポートを受けることが可能になり、AWSを基盤として企業の成長を加速させることができる支援プログラム。

 


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。