四谷学院の自閉症・発達障害を徹底解説したYouTubeチャンネルが登録数2,000人を突破

独自の「ダブル教育」システムによる、きめ細かい指導が特長の大学受験予備校「四谷学院」(経営母体:ブレーンバンク株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役:植野 治彦)は、自閉症・発達障害の療育【四谷学院の発達支援講座ちゃんねる】を開設している。

このYouTubeチャンネルが2月にチャンネル登録数2,000人を突破したことを発表した。

さらに登録者は急増中。家庭や学校等でも役立つ指導のコツや資格など、様々な情報を発信している。

自閉症・発達障害の療育【四谷学院の発達支援講座ちゃんねる】について

四谷学院では、発達障害や自閉症など、育ちが気になる子どもの発達支援や家庭療育の通信講座を開講している。

YouTube「四谷学院の発達支援講座ちゃんねる」では、多くの人に発達障害について知ってもらうとともに、発達支援に迷っている人や子育てで困ったりしている人のために、役に立つ動画を配信している。

2020年4月22日に開設し、半年でチャンネル登録数1,000人を突破。

さらに2月8日には2,000人を突破した。

発達障害や発達支援について役立つ情報をお伝えする、今、急成長の動画チャンネルである。

発達支援のニーズの高さを伺いすることができる。

人気の秘密

YouTubeにおいては、自閉症の子どもの育児日記チャンネルや、発達障害についての解説動画は数多あるが、「発達障害児への支援」という支援者・指導者側の目線に特化したチャンネルは多くはない。

「四谷学院の発達支援講座ちゃんねる」では、園や学校、施設等で子どもと関わる仕事をしている人や自閉症をはじめとする発達障害のある子どもの家族の「こまった、どうしよう!」「なぜ?」という出来事への対応のヒントとなる有意義で役立つ情報を提供している。

チャンネル開設以降、「子どもはなぜ走り回るのか?」「子どもの問題行動を減らすために、親ができる2つのこと」など、家族や支援者が苦戦される日常活動に関するコンテンツが人気となっている。

また、「自閉症とは?」「ADHDとは?」など、発達障害についての理解を深めるための動画も多くの視聴者を集めている。

発達障害や自閉症などの診断がなくても、発達気になる子どもへのかかわり方や支援の心構えなど、子どもが自分らしく生きることをサポート&応援するチャンネルとなっている。

家庭での療育について

四谷学院は、通信講座で子どもの家庭療育をサポートしている。

子どもの発達段階に合わせて、A段階(目安2~3歳)からG段階(目安小学4年生)まで教材を選べるシリーズ。

子ども一人ひとりに先生が付く「専任担当制」で個別サポートが充実。

保護者向けの「指導書」が教材に含まれている。

一般的な「通信講座」とは異なる、発達支援に特化した通信指導講座である。

発達支援に関する資格

四谷学院は、園や学校、施設で必要とされる発達支援の人材育成も行っている。

発達障害児支援士資格認定講座は、子どもの発達支援を支える保育士、幼稚園教諭、放課後等デイサービスで働く人の「支援スキル向上」に取り組んできた講座。

自宅等で受講した後、発達障害児支援士 認定試験を受験。

認定試験は、レポート課題・ケーススタディ課題となっており、インターネットにて提出する。

試験合格後には、「発達障害児支援士」資格認定の証として、認定証と認定バッジが進呈される。