発達障害・グレーゾーン専門の学習塾「個別指導のコーチング1」運営のAXT、発達障害児童向けオンライン指導の海外展開を開始

株式会社AXT(所在地:東京都新宿区、代表取締役:津嘉山 晋弥)が運営する発達障害・グレーゾーン専門の学習塾「個別指導のコーチング1」は2021年2月より、「発達障害児童向けオンライン指導」の対象を海外在住の日本人へ拡大し、海外展開を開始したことを発表した。

これにより国内外の発達障害児童教育における格差を解消する一翼を担うことができる。

オンライン指導を海外展開する理由

海外の日本人学校における発達障害児童教育は日本国内に比べて不十分であり、特別支援教室が設置されている日本人学校は世界で10校ほどしかなく、教室での学習を助ける学習支援員がいる学校もほとんどない。

また、民間の学習支援についても、海外進出している一般的な学習塾が一部あるとはいえ発達障害の特性に配慮した指導は難しく、隠れた教育格差が存在している。

このような現実を踏まえ、AXTは「発達障害児童向けオンライン指導」を海外在住の日本人へ提供することによって、国内外の教育格差を解消したいという考えに至ったという。

オンライン指導の特徴

海外在住の発達障害児童に対して完全マンツーマン学習指導を提供

これまで国内で行ってきたオンライン指導を海外在住の発達障害・グレーゾーン児童に対して提供可能となる。

また、オンライン指導は全て完全マンツーマン指導で、新型コロナウイルスの感染リスクが低い自宅で学習することができる。

創業10年で5,920件の相談・指導実績に基づいた受験対策・進学支援

AXTは受験対策・進学支援を行う学習指導に特化した発達障害専門の学習塾である。

創業10年で5,920件の相談・指導実績があり、この実績に基づいたノウハウを以って生徒の特性の分析や具体的な指導方針、志望校対策などを提案し、帰国後の受験や進学の選択における教育格差の解消を目指す。

専門知識が必要な発達検査の解釈および活用

発達検査を受けたにも関わらず、検査を行った臨床心理士や医師から教育における具体的・実践的な助言を貰えることは少ない。

臨床心理士や医師が、職域を超える教育的助言を控えるのは仕方がないことだが、多くの生徒・保護者は検査結果の活用方法が分からずに困っている。

AXTには検査結果を解釈する専門知識があるので、検査結果を学習指導に反映するだけでなく、家庭での保護者の関わり方や学校の先生との連携方法も提案し、総合的な教育格差の解消を目指す。