ビーライズとエネコム、バーチャル空間を活用しアバターで参加できる「地元高校生向けオンライン企業紹介イベント」を開催

株式会社ビーライズ(本社:広島市中区、代表取締役:波多間俊之)は「庄原でいきいき働く協議会」(会長 佐々木満 構成団体:庄原市・地元経済団体・地元会員企業 以下、 協議会)開催の中四国地方初となるオンライン上バーチャル空間による「地元高校生向け企業紹介イベント」において、株式会社エネルギア・コミュニケーションズ(略称:エネコム、本社:広島市、取締役社長:渡部伸夫)とシステムの共同開発を行ったことを発表した。

「地元高校生向け企業紹介イベント」概要

実施背景

昨今の新型コロナウイルスの感染拡大による影響によって多くの人が集まるセミナー等のリアルイベントを開催することが困難となり、オンラインによるイベントのニーズも非常に高まっている。

協議会会員、学校関係者から好評を得ていた地元高校生向けのリアルな「地元高校生向け企業紹介イベント」もこれまでのような形で開催できない状況となっていた。

このような状況の中、エネコムが持つICTの知見や経験と、ビーライズの持つバーチャル空間の構築技術を生かし、地元高校生向けにバーチャル空間を活用した「地元高校生向け企業紹介イベント」の共同開発を行った。

企業紹介イベントをオンライン上で開催することで、コロナ禍においても地元企業の情報収集、円滑な就職支援を行うことが可能になる。

期間

2021年2月~3月のうち一定期間内(調整中)

場所

インターネット上のバーチャル空間

内容

「地元企業の説明動画の視聴」および「地元企業と地元高校生とのチャット形式によるコミュニケーション」

バーチャル空間上でできること

  • アバター操作によるバーチャル空間内の自由な移動
  • 企業ブースにて紹介動画の視聴、企業ホームページの閲覧
  • 企業ブースにて企業担当者とのチャットコミュニケーション

このバーチャル空間は地元高校生がゲームのように自由に空間内を移動し、地元企業の説明動画の視聴や地元企業とのコミュニケーションを可能とする。

地元高校生を含む県内外の一般求職者は自宅等から簡単にオンラインで企業説明会に参加できる等のメリットを、地元企業は今以上に企業の魅力等を広く周知できる等のメリットが期待できるという。

将来的にはこのイベントだけでなく、年間を通じたインターネット上でのバーチャル空間を利用したさまざまな取組を目指す。

 


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。