ソニー・グローバルエデュケーションが全国の教育機関や自治体にKOOVを寄贈、KOOV Caravan特設サイトをオープン

株式会社ソニー・グローバルエデュケーション(代表取締役社長:礒津政明)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けている子どもたちや学校、教育関係者への支援策として、ロボット・プログラミング教材KOOV®の寄贈等の支援を行っている。

支援の一環として、各地域の事例の共有・発信のために2021年2月2日にKOOV Caravan特設サイトをオープンしたことを発表した。

KOOV Caravanとは

KOOV Caravan(キャラバン)とは、ソニー・グローバルエデュケーションが、ロボット・プログラミング学習キット KOOVを全国の教育機関に寄贈し、プログラミングやSTEAM※の教育支援を行う活動。

※STEAMは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(⼯学)、Arts(芸術)、Mathematics(数学)の頭⽂字。これからの時代に必要な基礎能⼒を養う「STEAM教育」が提唱されている。

KOOVが各地域の共有物として回遊し、地域で様々な授業を計画及び実践してもらう。

また、教育関係者間のコミュニケーションを促進することで、地域の、地域による、地域の為の持続可能なSTEAM教育の実現を目指す。

KOOV Caravan特設サイトにおいて、各地域の特長を活かした実践事例の公開を行い、自治体内外での実践事例と知見の共有、発信を行っていく。

KOOV Caravanでは、さらに広域の自治体への無償提供を進め、地域のニーズに即し、地域ならではの特長を活かしたSTEAM教育実践事例の創出に寄与していく。

これらの支援に係る費用は、新型コロナウイルスの影響を受けている人々のためにソニー株式会社が立ち上げた「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」から拠出される。

KOOVについて

KOOVはブロックで自由な「かたち」を作り、「プログラミング」によってさまざまな「動き」を与えて、学び、創造力を育成するロボット・プログラミング学習キット。

一人ひとりが違う「かたち」をつくれることをコンセプトにしている。

発売以来、様々な教育関係者から評価され、多くの学校や塾などで採用されている。

2020年12月より、オンライン学習サービス「CREATE by KOOV」の提供も開始。

今年度の国際的なロボット・プログラミングコンテスト「KOOV Challenge」はオンラインで開催された。