青森県八戸市、GIGAスクール構想の1人1台端末整備にChromebook™ の利活用を促進するチエル2製品を採用

学校教育向けのICT利活用を支援する、チエル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:川居睦、以下チエル)は、青森県八戸市において整備を進める1人1台端末整備に際し、Chromebook の利活用を促進する授業支援システム「InterCLASS® Cloud 」、 G Suite for Education™ 運用支援システム「InterCLASS® Console Support」が採用されたことを発表した。

導入の背景

青森県八戸市では、小中学校に1人1台のパソコン端末を整備するGIGAスクール構想を実現するため、環境整備を進めてきた。

限られた予算の中、Chromebook の利活用を促進するソフトウェアの選定を進めた結果、同市が整備する1万6千台の Chromebook にチエル製品のクラウド型授業支援システム「InterCLASS Cloud 」、
G Suite for Education 運用支援システム「InterCLASS Console Support」が導入されることとなった。

これらのシステムは、 G Suite for Education の機能と対応し、Chromebook を活用した授業の進行や、Chromebook の運用管理の利便性を高める。

導入製品について

クラウド型授業支援システム「InterCLASS Cloud 」

「InterCLASS Cloud 」は、Chromebook の画面モニタリングや画面共有ができるシステムで、個々の児童生徒の考えをリアルタイムで共有できる。

「Google Classroom」で作成したクラスと生徒情報をワンクリックで同期することができ、新たにクラスを設定することなく利用開始できる。

G Suite for Education 運用支援システム「InterCLASS Console Support」

「InterCLASS Console Support」は、G Suite for Education の管理コンソールと連携して、学校のユーザー・グループの一括管理や Google Classroom のクラスの設定などの作業を素早く、簡単に行える。

また、低学年の児童生徒でもキーボードを使わずにログインを可能にするQRコードでの簡単ログイン機能もついている。

今回の採用に際し、八戸市教育委員会 総合教育センター 主任指導主事のコメント

八戸市では、「夢はぐくむ ふれあいの教育 八戸」という基本理念の元、1人1台端末整備を進めてきました。現在、八戸市全域の教員を対象に1人1台端末活用を促進するための研修をしており、特にQRコードでのログイン機能は小学生低学年を受け持つ先生方に高い評価を頂いています。

本研修において今回導入した製品の浸透を進め、授業においても日常的に活用してもらいたいと思っています。

Chromebook 活用に最適な「チエル Chromebook 活用パック」概要

「チエル Chromebook 活用パック」は、GIGAスクール構想の児童生徒1人1台端末の実現に向けて導入が見込まれる Chromebook を活用するにあたり最適な製品群。

2020年10月に加わった学習指導支援ツール「InterCLASS® Assessment Support」(以下ICAS)では、G Suite for Education に蓄積された学習履歴(スタディ・ログ) を活用した学習指導が可能となる。