「プログラミング能力検定」第2回検定を3月に開催、受検料無料キャンペーンも継続実施

株式会社プログラミング総合研究所(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:飯坂 正樹)は2021年3月に「プログラミング能力検定」第2回検定を開催することを発表した。

また第2回検定までは受検料が無料となるキャンペーンを継続実施する。

「プログラミング能力検定」概要

小学校での「プログラミング教育」の必修化や2024年度の大学入学共通テストで試験教科となるとされている「情報」への対応を見据え、プログラミング教育のニーズは急速に伸びている。

一方で、市場のニーズ拡大を背景に、各教育機関がプログラミング教育を推進する中で、その目標設定や評価のためのわかりやすい尺度が欲しいとの声が、教育現場に多く寄せられている。

「プログラミング能力検定」はそうした教育機関の声を受けて開発した検定。

「プログラミング能力検定」第1回検定は2020年12月に、当初の想定を大きく超える1,000以上の会場にて実施された。

全国の学習塾やプログラミングスクールはもちろんのこと、学校での採用も相次いでいるという。

「受検料無料キャンペーン」を実施

「プログラミング能力検定」では、想定する受検者層である小学生・中学生・高校生に広くプログラミングに慣れ親しんでもらい、自身のスキルを把握してさらなる学習のモチベーションを高める機会を提供するために、第2回検定までの受検料を「無料」とするキャンペーンを継続実施する。

受検者は受検後に発行される「成績表」によって高校までで学ぶプログラミング概念に対する、現時点の到達度を詳細かつ客観的に把握することができるので、2024年度の大学受験に向けて、着実に準備を行うことができる。

また、合格者に送られる「合格証書」はプログラミングスキルの証明として利用できる。

検定実施スケジュールと申し込み

第2回プログラミング能力検定は2021年3月8日~3月14日の間で、第1回をさらに上回る全国1,200会場以上にて実施される予定(第3回は2021年6月を予定している)。

検定実施を希望する学習塾、プログラミングスクール、学校等からの会場申請は下記の「プログラミング能力検定 公式サイト」にて受け付けている。

今なら認定会場には検定対策用に「過去問」が提供されている。

第2回検定に向けての会場申請は2021年2月9日(火)が締め切りとなっている。


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。