郁文館中・高等学校、Google社からICT活用の実践校として「Google for Education事例校」に認定

学校法人郁文館夢学園が運営する郁文館中学校、郁文館高等学校、郁文館グローバル高等学校、ID学園高等学校(東京都文京区、理事長・校長:渡邉美樹)は、郁文館のICT教育活動が、ICT活用の実践校としてGoogle社から「Google for Education事例校」の認定を受けたことを発表した。

「Google for Education事例校」認定の背景

この認定は、ChromebookやGoogle for Education等を広く活用した、郁文館の「ICT教育」の仕組みや質の高さが認められた証である。

高校や大学など幅広い教育機関が対象となっており、日本の高等学校の中ではまだ数校しか認定されていない。

郁文館は、入学時から生徒全員一人一台のICT端末を所持する環境を整え、積極的なICT教育を行っている。

この様な環境の中で、ICT端末を使った調べ学習における調査・研究のほか、G Suite for EducationやGoogle Classroom等をグループ学習での協働、発表、課題の提出に活用することで、アクティブラーニングの進化・深化が実現できている。

ICT教育が今ほど注目される以前から、絶対に生徒のためになるという信念のもと、全教職員でICT教育の仕組み構築に奮闘し、数年かけて創り上げ、一歩先を行くICT教育が出来上がった。

導入前より学習効率と学習レベルが格段に向上した我々のICT教育の仕組みが、世界のGoogle社から認められたことを誇りと感じており、全教職員それぞれの自信にも繋がったという。

郁文館のICT教育活動は、先進的なICT教育を展開する学校を紹介するユーチューブ番組「iTeachers TV」でも取り上げられている

引き続き、子どもたちが活躍する未来から逆算した「今必要な教育」を求めていく。