SB C&S、ネットワーク対応のプログラミング教材 Makeblock「CyberPi」を販売開始

SB C&S株式会社は、Makeblock Co., Ltd(本社:中国深セン市、創業者CEO:王建軍、以下「Makeblock」)製のネットワーク対応のマイクロコンピューター「CyberPi(サイバーパイ)」を2021年2月15日から、SoftBank SELECTION オンラインショップ、Amazon、全国の大手家電量販店(一部店舗を除く)で販売を開始することを発表した。

販売の開始に先立ち、SoftBank SELECTION オンラインショップにて、2021年2月1日から予約の受け付けを開始する。

「CyberPi」概要

「CyberPi」は、コンパクトで軽量な見た目に、フルカラーディスプレイ、スピーカー、マイクなどの豊富な出入力モジュールと、強力なCyberOSを搭載している。

Makeblockのソフトウエア「mBlock(エムブロック)」と組み合わせて、データサイエンス、ネットワーク利用、AI音声認識や翻訳機能、IoTなどの高度な技術を体験することが可能。

そして、ブロックをつなぎ合わせるビジュアルプログラミングから、テキスト言語Python(パイソン)のプログラミングまで、段階的に学習することができる。

また、本体や拡張ボード「Pocket Shield(ポケットシールド)」には異なる規格のポートを複数備えているため、Makeblock製の「mBuild(エムビルド)」や他社製の電子モジュールを拡張することが可能。

例えば、モーターモジュールを取り付けて車のような機能を持たせたり、サーボモジュールでファンを動かしたりと、電子工作の可能性を広げることができる(「mBuild」は現在教育機関を中心に、入力・出力モジュール合わせて30種類以上を取り扱う)。

主な特長

  • 8個までのプログラムを保存可能な強力なCyberOSを搭載
  • フルカラーディスプレイにより豊かな表現が可能
  • Wi-Fiモジュールを搭載
  • LAN(ローカルエリアネットワーク)を使用して、複数の「CyberPi」間でワイヤレス通信が可能
  • 一度に最大10個のモジュールを直列に接続可能
  • コンピューターや他デバイス、クラウドへデータを直接共有可能
  • プログラムを設計・コーディングMakeblockのコーディングプラットフォーム「mBlock」のビジュアルプログラミングエディターや新しいPythonエディターの使用で、ハードウエアとコード間の相互作用がより簡単に

製品概要

同梱物

CyberPi本体、Pocket Shield、USBケーブル(Type-C)

価格(税抜)

オープン価格(SoftBank SELECTION オンラインショップ販売価格:9,800円)

 


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。