ミサワホームと極地研、動く360度パノラマ画像で南極を体感できるiPad専用アプリ「南極eスクール」を配信開始

ミサワホーム株式会社(代表取締役社長執行役員 磯貝匡志)と大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立極地研究所(所長 中村卓司 、以下「極地研」)は、1月29日、南極をより身近に感じ、楽しみながら学べるiPad専用アプリ「南極eスクール」の配信を開始したことを発表した。

「南極eスクール」概要

  • ミサワホームと国立極地研究所による産学協同プロジェクト
  • 昭和基地開設からちょうど64年目となる1月29日より配信開始
  • 南極に関する地理、歴史、生物など6つの分野を美しい動画や画像を交えて楽しく学ぶ

「南極の大自然を、病院や院内学級で過ごす子どもたちや、教育的支援の必要な特別支援学級などの子どもたちにも楽しく学んでほしい」

そんな思いを込めて、2014年にミサワホームが制作し、限定公開となっていた「南極ウォークビュー(※2014年度キッズデザイン賞を受賞している)」。

今回、より多くの人に南極の魅力を届けるために、ミサワホームと極地研の産学協同プロジェクトとして、科学的知見を追加してリニューアルし、一般公開を開始した。

1957年1月29日、日本の南極活動拠点である昭和基地が開設された。

気象や大気、生物、地学、宇宙など幅広い分野で観測を続け、地球環境システムの解明や、気候変動の将来予測などに貢献している。

ミサワホームは1968年の第10居住棟をはじめ、南極地域観測隊員(以下「隊員」)の生活を支える建物を受注、南極地域観測隊(以下「観測隊」)に社員を派遣して建物建設に携わってきた。

帰国後は極地研と連携して小中学生を中心に、隊員の生活の様子や気象現象などを隊員経験者が自ら伝える「南極クラス」を展開している。

極地研は日本における南極地域観測の中核機関で、昭和基地と国内の学校やイベント会場を衛星回線で結び観測隊の活動を伝える双方向ライブ中継や、各種イベント等を通じて、南極観測に関する情報を発信している。

また、「観測隊ブログ」では観測隊の南極での観測や生活の様子を伝えている。

今回配信を開始した「南極eスクール」は、iPadの大画面や機能を活用し、南極に関する話題を、地理・歴史・生活・生物・地学・宇宙の6分野に分けて紹介している。

昭和基地の上空に広がるオーロラ

それぞれの分野では、360度パノラマ画像とiPadに内蔵されるモーションセンサーが連動し、手にしたiPadの動きに合わせて画像が動き、まるでその場に居るような感覚で南極の景色を楽しむことができる。

また、360度パノラマ画像に配置されたポイントをタップすることで、南極に生息する動物たち、太陽が沈まない白夜、隊員が生活する昭和基地内部の様子などに関するパネルがポップアップ。

極地研の研究者が監修した解説とともに、それぞれの分野に関する貴重な映像、動画を見ることができる。

ミサワホームと極地研はアプリを活用してこれからも南極観測・研究を通じて培った知見を広く配信し、子どもたちのほか多くの人々に、極域科学をはじめとした自然科学に関する興味喚起、地球環境への意識向上などに貢献していく。

「南極eスクール」の構成

1.時間割

アプリのTOP画面は学校の黒板をモチーフにし、子どもたちにも親しみやすいデザインに。

2.地理

昭和基地から飛び出て世界各地の自然環境の多様性を確認したり、南極に向かう南極観測船「しらせ」の航海の様子などを体験して、地球の姿を学ぶことができる。

3.歴史

明治末期に南極点を目指した探検家・白瀬矗(しらせのぶ)、第1次越冬隊、樺太犬タロ・ジロなどを通じて、南極での日本の活動の歴史を紹介。

4.生活

昭和基地の管理棟3階の食堂を中心に、観測隊の生活の様子を紹介。

食事はもちろん、ゴミの処理方法や生活水を得る方法、隊員の娯楽についても知ることができる。

5.生物

アザラシやペンギンなど南極で暮らす生きものを紹介。海中を泳ぐペンギンの動画なども見ることができる。

6.地学

極地でしか見られない太陽の動き、雪や氷が織りなす様々な現象、南極の壮大な大地の歴史や独特の地形など、南極の様々な自然現象を紹介している。

7.宇宙

南極で撮影された幻想的なオーロラや星空の映像、高層大気の現象、隕石探査の様子、遠くの天体から届く電波の観測などを紹介。

宇宙の窓でもある南極について学ぶことができる。

アプリの動作環境

こちらからダウンロードいただけます

本アプリはiPad専用(iOS11以降)、iPhoneでは利用できない。