コーチング英会話「TORAIZ」世界の観光地を旅するオンラインツアー「Dream Now, Travel Later」第8弾を実施

楽ではないから”本物の英語力”が身につくコーチング英会話「TORAIZ(トライズ)(以下、TORAIZ)」を運営するトライオン株式会社は、世界の観光地を旅するオンラインツアー「Dream Now, Travel Later」第8弾を1月23日に開催したことを発表した。

オンラインツアー「Dream Now, Travel Later」概要

TORAIZ の受講生を対象に、ネイティブコーチがガイドに扮して毎月オンラインツアーを企画・実施している。

各回の参加者からの大好評を受けて、今回第8回の継続開催を行う運びとなった。

第8回は大阪環状線の駅から人気のエリアを紹介。

梅田センターのネイティブコーチ・コンサルタントがツアーガイドを担当、秋葉原センターのコンサルタントが聞き役となり、全て英語でプレゼンやクイズを行って参加者と質疑応答を交わした。

今回の参加者からは、「実際に自分がゲストを案内する場面があったら本日の方法で紹介できると思いました。仕事にも役立ちそうです。本当にツアーに参加している気分になれました。」などの声が寄せられている。

TORAIZでは、コロナ禍の中でも様々な形式でのオンラインイベントを通じて、受講生・修了生の英語にとって有意義な継続学習の機会を提供していく。

TORAIZ(トライズ )について

1,000時間の学習により、日本人が最も苦手とする英語のスピーキング力を身に着けることができる“本物の英語力”を追求するコーチング英会話プログラム。

受講生一人ひとりにカスタマイズされた目標設定、その実現のための自己学習プログラムの作成、日々の学習サポート、2週間に一度の面談での進捗チェックを、専任のイングリッシュ・コンサルタントが担当。

さらに、自己学習をアウトプットする場として、豊かな経験を持つネイティブコーチとのオンライン・レッスンやグループ・レッスンを学びの場ではなくケーススタディとして実施。

インプットとアウトプットのサイクルを作ることで、日本にいながらにして、実践的なビジネス英語を身に着けることができるサービス。

学習モチベーションの維持のためにリアルな人とのコミュニケーションを重視していることもトライズの特徴で、開校以来、受講生満足度97.9%(※自社による顧客満足度調査[2020年10月実施])、1年間学習継続率91.7%(※累計受講生[受講開始1ヶ月以内での退会者除く]の内、受講開始から完了までに退会していない受講生の割合[2020年10月自社調べ])という実績を持つ。