就労移行支援事業所運営のデザインマインドカンパニー、ドワンゴ提供のプログラミング学習アプリ「N予備校」を導入

株式会社デザインマインドカンパニー(本社:東京都品川区西五反田一丁目13番7号 マルキビル3F、代表取締役:松田 一樹、以下 DMC)が運営する就労移行支援事業所は、株式会社ドワンゴ(以下、ドワンゴ)が提供する学習アプリ「N予備校」の使用許諾契約を行い、アプリの導入を2021年2月1日より開始することを発表した。

DMC、「N予備校」導入の背景

2020年新型コロナウイルスにより在宅勤務、テレワーク等が進められ働く環境が大きく変動した。

DMCが運営する就労移行支援事業所も新型コロナウイルス感染拡大により4月に発令された緊急事態宣言に合わせて、いち早く在宅によるオンライン支援プログラムの提供やオンライン面接、オンライン実習等、在宅勤務に合わせたプログラムをいち早く提供したことでNHKクローズアップ現代+でも取り上げられ、多くの反響が寄せられていた。

新型コロナウイルスにより障がい者の雇用環境変化

新型コロナウイルスの影響により障がい者雇用の環境は大きく変化した。

求人数の減少の他、障がい者に求めるスキルも変わり、在宅勤務が可能なPCスキルやオンライン上でのコミュニケーションスキル、専門的な知識等が求められるようになった。

中でも専門職の仕事は、コロナ禍でもスムーズにテレワークに移行できたことから身に着けたいスキルの1つとして一般枠・障がい枠ともにニーズが高まっている。

業界初となる学習アプリ「N予備校」の導入

新しい生活様式、Withコロナを目指し、より専門的なスキルを学べる環境を整備するため、障がいを持っていても専門的なスキルを身に付けられる環境を提供するべく、業界初となる学習アプリ「N予備校」の導入を行う。

これらのアプリを活用し、DMCでは支援スタッフにより個別サポートを提供し、障がいを持っていてもより高い専門性を身に付けられることを目指す。

同時に、プログラム利用者の就労移行、就労定着動向を検証していく。

今後の事業展開 ~より一層の就職支援~

障がい者の労働環境(テレワーク等)など推進

  • 企業連携を強化し障がい枠でのテレワーク推奨企業への支援をおこなう。
  • 具体的な雇用管理・ネット環境・課題等当社で実施してきた知見を企業へ提供しテレワーク実習・業務切り出し・Web面接等を技術支援。

ひきこもり支援への活用

2020年より社会福祉協議会と協力しながら実施してきたIT技術を活用したひきこもり支援への新たなアプローチ方法(在宅訓練による技術的な支援とその他、メンタルケア等)の事例やノウハウを共有し、ひきこもり支援をモデル事業の構築を目指す。

学習アプリ「N予備校」について

「N予備校」は、ドワンゴが提供する教材・生授業・Q&Aをスマホに最適化したオールインワン学習アプリ。

ニコニコ生放送のシステムをもとに独自に開発された双方向のシステムを取り入れた生放送の授業では、コメントによる質問や挙手による回答添削、授業中の一斉アンケートシステムなど、学習の効率と質を向上させる機能が特長。

2018年10月に、これまでのeラーニングの課題であった動画を視聴するだけの一方向性を解決した新規性、独自性が評価され、第15回「日本e-Learning大賞」において文部科学大臣賞を受賞した。

推奨環境

  • iOS  :iOS 10以上を搭載したiPhone
  • Android:Android 5.0以上を搭載した端末
  • PC   :Google Chrome(最新版)

※スマートフォンで利用する場合は、App Storeまたは、Google Playからダウンロードが必要。

コース

プログラミングコース

プログラミング未経験者が、エンジニアとして就職・インターンができるまでにスキルアップできるカリキュラムで、初歩的なChromeのダウンロードから始まり、JavaScriptとNode.jsによるWebプログラミングの基礎を経て、Scalaでの大規模Webアプリ開発、Android/iPhoneアプリ開発や、3Dゲーム開発ができるUnityなど、プログラミングスキルに合わせた幅広い授業がある。

また、コンピューターに対する理解を深めるために、大学の情報工学科で学ぶようなコンピューターサイエンスのコースも用意されている。

教材は、ドワンゴのエンジニアが作成した実践的な内容で、実際にエンジニアが業務を行う際に使用している必要な技術やツールを、実務経験などを元に使い方を解説。

さらに、授業での学びに加え、年に2回コンテストを開催し、学びの成果となる作品を評価する機会を設けている。

同時に、就職活動の際に実力を可視化できるよう、作品ポートフォリオの制作を推奨している。

Webデザインコース

Webデザインコースは、Webデザイナーに必要なスキルを身に付ける2つのコースが用意されている。

グラフィックデザインコース

Webサイトのデザインやグラフィックデザイン全般に必要な知識とスキルを学習できるコース。

オリジナルグッズの制作を通してAdobe PhotoshopやAdobe Illustratorの基本操作を身につけ、タイポグラフィや配色の基礎を学んで幅広いデザイン表現ができるようになることを目指す。

さらに、実際の業務フローに近い進行でWebサイトの制作を行い、実践で役立つチカラを身につける。

HTML・CSSデザインコース

コーディングに必要不可欠なHTMLとCSS、レスポンシブウェブデザインやポップアップ表示など動的なWebサイトを作るために必要なJavaScriptについて学習できるコース。

制作現場でよく使われている高機能エディタ「Visual Studio Code」を使い、効率よくコーディングをするためのコツも伝授。