関西大学、文理・学部を問わない全学的データサイエンス教育プログラムを2021年4月から開始

関西大学は、文部科学省による「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」の認定を見据えた、全学的カリキュラムを2021年4月に設置することを発表した。

デジタル社会に求められる基礎知識を学ぶ新設科目は、文理、学部を問わず、関西大学の全学生を対象に展開。

さらに応用・発展系として、各学部・研究科が提供する専門教育科目と連動することにより、実践的なスキルや知識を備えた人材を育成する。

関西大学が新たに設置する全学共通カリキュラムについて

  • 「数理・データサイエンス・AI」に関する知識を習得できる全学共通カリキュラムを2021年度から開講
  • 政府が推進する「AI戦略」のモデルカリキュラム(教育プログラム)認定を目指す
  • 独自のデータサイエンスコミュニティを形成し、学生と実社会を繋ぐ”超”実践の場も整備

政府が主導する「AI戦略」では、未来への基盤作りとして、高等教育へのAI教育の導入・推進が目標に掲げられている。

関西大学でも、人工知能(AI)やデータサイエンス(DS)の技術は大学生の誰もが有する基礎的なスキルと捉え、今回、全学生を対象にしたリテラシー教育として、新たな科目を設置する。

全13学部の教員がリレーで担当する”全学生共通”の基礎科目

新設科目は2つ。

いずれも基礎的な内容で、AIやDSの意味・価値の理解から、データの取得法や解析法、データ処理の手順などを説明できるようになるところまでを到達目標としている。

受講方法はオンラインで、総合大学の利点を生かした文理融合の全方向アプローチによって、AIやDSの活用理解を深化させる。

まずは「数理・データサイエンス・AI」の知識を有する人材育成の基盤を構築することで、政府が掲げる2025年までの同人材50万人輩出構想に寄与する。

また関西大学では、複数の学部・研究科でAI人材のエキスパートを養成するための実践教育をすでに展開しており、リテラシー教育の先にある、応用・発展系の学びを追究する土壌も整備されている。

独自のデータサイエンスコミュニティを形成し、実社会と学生を繋ぐ試みも

さらに、同じ志を持つ学生の集団「梅田キャンパスデータサイエンスコミュニティ」(仮称)を形成し、企業とのタイアップによる”超”実践の場を整備することで、学生と実社会を繋ぐ試みもスタートさせる。

そのほか、「G検定」の取得も視野に入れたデータサイエンス関連講座など、単位制に拘らない実践的な教育も予定している。