ゲシピ、岐阜県中京高校と共催で「第1回中京高校eスポーツセミナー」を開催

eスポーツジムやeスポーツ英会話などのeスポーツ教育事業を展開しているゲシピ株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:真鍋 拓也、以下「ゲシピ」)は、岐阜県瑞浪市の中京高等学校(以下「中京高校」)と共催で、「第1回中京高校esportsセミナー」を1月23日(土)にオンライン開催したことを発表した。

「第1回中京高校esportsセミナー」概要

背景と目的

昨今、高校や大学、企業などで多数立ち上がっているeスポーツ部。

一方でeスポーツ部には、練習場所不足、指導者不足などの課題が山積している。

eスポーツ教育事業を提供しているゲシピでは、そのようなeスポーツ部の課題解決に寄与するため、eスポーツに関する教育プログラムの提供を開始。

中京高校eスポーツ部は2020年10月に発足、全国大会本戦出場を目指している部活チーム。

そのeスポーツ部員に対して、遊戯としてのゲームではなく競技としてのeスポーツを行うことの意味や心構え、eスポーツの技術面の指導をすべく、「第1回中京高校esportsセミナー」の開催に至った。

セミナー内容

3時間のセミナーはオンラインで開催。

東京や高知、オーストラリア、マレーシアと世界各地からコーチが中京高校にオンラインで集合。

現地で受講する15名の生徒に、eスポーツ英会話・eスポーツスポーツマンシップ・eスポーツプロ選手コーチングの豪華3本立てのプログラムを提供した。

冒頭のeスポーツ英会話コーナーでは、ゲシピeスポーツ英会話コーチの@HoLiXz1231 が、実践的な生きたeスポーツ英会話を講義。

そのあと生徒たちでチームを組んで実際に英語でプレイ。

覚えた単語をその場ですぐに使うことで、自然な英語習得を実現している。

英会話プレイで盛り上がったあとには、すかさず同じ@HoLiXz1231コーチが、eスポーツのスポーツマンシップ講座で場を引き締める。

海外のスポーツマンシップ事例や、PMA(Positive Mental Attitude、積極思考。

なんでも前向きに物事を考えればそれは実現し、人生はうまくいく、という考え方)のeスポーツへの取り入れ方などを具体的に指導した。

最後はゲシピと提携しているプロesportsチーム「Team 4SAMURAI FUNK”4RaiF”」のeスポーツプロ選手 Gorou選手のコーチング講座。

Gorou選手はFortnite等の競技シーンで大活躍している現役選手。

感度等の設定から、具体的なテクニック、精神面での考え方など、生徒の細かな質問に丁寧に答えていく。

時には生徒のプレイ画面を画面共有して直接プレイの指導も。なかなか解決できなかった生徒たちの身近な課題を1つずつしっかりと解決していった。

参加生徒の評価も高評価

セミナー後のアンケートでは、全てのコーナーが最高得点を獲得。

「どのコーナーも非常に実践的で役に立つ内容ばかりだった。」「とても3時間とは思えない、もっと長くてもいいのでまた受けたい。」といった生徒の声が多く聞こえた。

 


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。