トレノケートとキカガクが資本業務提携を強化、AI分野の人材育成事業を拡大し企業のDXを支援

トレノケート株式会社 (本社:東京都新宿区、代表取締役:小澤 隆、以下トレノケート) は、株式会社キカガク (本社:東京都千代田区、代表取締役:吉﨑 亮介、以下キカガク社) への資本業務提携を強化し、AI分野の人材育成事業を拡大し、企業のDXを支援することを発表した。

2021年1月より、トレノケートはキカガク社のAI・機械学習に特化した動画学習プラットフォーム(名称:キカガク)を販売する。

これにより、両社ともに政府目標2025年のAI人材25万人(*内閣府 統合イノベーション戦略2020より)の一助になることを目指す。

AIの実装には、プログラミングやクラウドサービスなど他の技術との組み合わせが必要。

トレノケートは、これまでIT研修を専門にしており、AIとITの組み合わせでAIの実装もできる人材を育成していく。

動画学習プラットフォーム「キカガク」の特徴

手書き数学
  • 難しい数学も手書きでわかりやすく解説
  • プログラミングは実際に手を動かして学習
  • コンサルティング事業で得た知見をもとにした実践的で最新の内容
  • 資格試験との連携:マイクロソフト社の認定試験や日本ディープラーニング協会のE資格認定に対応