明光ネットワークジャパン、3月に国内ではじめて実施される「JFT-Basic(国際交流基金日本語基礎テスト)」の対策講座をオンラインで無償開講

外国人の人材紹介・研修サービスを展開する株式会社明光ネットワークジャパン(東京都新宿区、代表取締役社長:山下 一仁、以下、明光ネットワークジャパン)は、日本語教育のDXを推進・支援するボンド株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:住吉 良介、以下、ボンド)と共同運営している外国人向けオンライン学習サービス『Japany』において、2021年3月に国内ではじめて実施される「JFT-Basic(国際交流基金基礎テスト)」の対策講座をオンラインを活用して無償で開講することを発表した。

「JFT-Basic」対策講座の概要

無償開講の背景

2021年3月より新たに実施される「JFT-Basic (国際交流基金日本語基礎テスト)」

国際交流基金の「JFT-Basic (国際交流基金日本語基礎テスト、以下JFT-Basic)」は、就労のために来日する外国人が必要な日本語能力を測定し判定することを目的とした試験。

2019年4月以降、海外(モンゴル、インドネシア、カンボジア、タイ、フィリピン、ミャンマー、ネパール)において実施し、14,900名が受験している(2020年12月9日時点)。

今回、2021年3月より日本国内での試験実施が決定した(※2021年1月21日発表の国際交流基金のプレスリリースより。)。

2019年より、海外の利用者へ日本語教育機会の提供を開始している『Japany』は、「JFT-Basic」の対策講座に関しても教材開発(動画・教科書・テスト)を完了し、日本語だけでなく、英語・ベトナム語・インドネシア語・ミャンマー語にも対応し、サービス提供を続けてきた。

3月からの「JFT-Basic」の国内実施は、外国人にとって就労のための日本語力を測定する試験機会が増加したという意味では喜ばしい一方、これまで国内で実施されてこなかったために試験対策が難しいという側面がある。

いわゆる「対策本」のようなものもまだ売っていないのが現状。

動画教材をはじめとしたコンテンツの提供・教師によるオンライン対面レッスンも実施

『Japany』では、上記のような状況を受け、「JFT-Basic」を受験したいが試験対策に困っている外国人のために、今回、無償でオンライン対策講座を開講することとなった。

「JFT-Basic」は、2019年4月に創設された在留資格「特定技能1号」を得るために必要な日本語能力水準を測る試験としても活用されており、「JFT-Basic」に合格することで外国人の就労機会は増加する。

明光ネットワークジャパンでは、今回の取り組みを通じ、コロナ禍で大変な思いをしている外国人の人々に、少しでも貢献できればと考えている。

今回の取り組みにおいては、これまでも提供してきた「JFT-Basic」の動画教材をはじめとしたコンテンツの提供はもちろんのこと、教師によるオンライン対面レッスンもボンドと共同で実施する(※2021年3月の試験対策のため、学習アカウントは試験後に使用不可)。

動画教材のみでは不安な学習者も、オンライン対面で先生に質問したり、仲間とともに学習することで、より理解が深まり学習意欲が増すことを期待しているという。

この対策講座に参加したい一般の人は「個人申し込み用フォーム」より問い合わせれば必要な情報やURLなどが届く。※法人や団体は要問合せ。

対象

日本に在住し、2021年3月の「JFT-Basic」を受験予定の外国人

募集期間

2021年1月25日(月)〜開講まで ※応募者多数の場合は、募集を早めに打ち切る可能性あり。

定員

募集状況に応じて決定。

提供教材

『Japany』の「JFT-Basic」オンライン教材(動画・教科書・テスト)48講義

オンラインレッスン日程

  1. 平日夕方(仮)
  2. 平日昼間(仮)
  3. 休日(仮)

『Japany』について

Japany Languageとは、オンライン日本語教材。

生活に関する日本語、ビジネス日本語、日本語検定試験対策など、500動画を超えるコンテンツが用意されている。

単元ごとにテストで習熟度も確認できる。

スマートフォン・タブレットでも学習可能。また、学習履歴は一括で確認することができる。