MatrixFlow、ビジネス人材向けの「AI作成体験講座」を提供開始

株式会社MatrixFlow(本社:東京都台東区、代表取締役:田本芳文)は、ビジネスのためのAI活用プラットフォーム「MatrixFlow」を使用したビジネス人材向け「AI作成体験講座」の提供を開始することを発表した。

この講座は「MatrixFlow」を使用することで、数学やプログラミング知識のないビジネス人材が自分自身でAIモデルを作成して検証することを目的としている。

AI開発の際に問題となる、AIエンジニアの採用やAIベンダーに外注をする場合にかかる時間と手間や高額な費用を抑えてPoCまで行いたい企業に最適。

講座の開始に伴い、「MatrixFlow」を使用するために必要なAIジェネラリスト育成レベルの講座を提供するAI教育事業会社をパートナーとして募集する。

「AI作成体験講座」概要

講座を開始する背景と概要

これまではAI事業に直接関与する部署のみがAIジェネラリストとしての知識が必要であった

これからは全ての部署でAIの知識習得と活用が可能な時代に

現在、AIの導入を検討する上で、どのようなAIを作ればよいか分からない、どの程度の精度が見込めるかが分からない、外注費用が高くROIの予想が難しいためAIへの先行投資が出来ないといった悩みがよく挙げられる。

本講座では、事業ドメイン知識のあるビジネス人材が、自社データを使って自分自身でAIを作成することで、時間と高額な費用をかけずに速やかなAIの導入と課題解決を目指す。

コース

講座は法人向けの講座で、対面とオンライン(ライブ)からコースを選択できる。

  1. AIエキスパート
  2. 機械学習・深層学習の基礎知識習得者
  3. AIジェネラリスト

エンジニアではないビジネス人材でも、③のAIジェネラリストレベルの知識があれば「MatrixFlow」でAIを作成することができる。

「AI作成体験講座」では、AIジェネラリストレベルの基礎知識習得から、「MatrixFlow」と自社データを使い自分自身でAIを作成してPoCまで行うことが可能。

AI教育事業会社をパートナーとして募集

「MatrixFlow」の使用に必要なAIジェネラリスト基礎レベルの講座を提供するAI教育事業会社をパートナーとして募集する。

エンジニアではないビジネス人材でも「MatrixFlow」を使用してAIモデルの作成ができるため、どの部署の人でもAIを学んで活用する機会を創出することができる。

これまでAIジェネラリストの知識を必要としていたDXやAI事業に直接関連していた部署だけではなく、全ての部署に対してAIジェネラリスト育成講座を提案することが可能になる。

また、既にAIジェネラリスト育成講座を受講した後、そのままAI事業の進捗が停滞していた企業などに、再度アプローチすることができる。

今後の方針

MatrixFlowの活用推進、MatrixFlowの製品版へ向けた機能の拡充を引き続き行うことで、社会全体としてのAI開発の加速、拡大を促していく。

唯一無二のAI内製化支援を行う会社として、誰もがAI技術を活用する社会の実現へ向け、更なるプロダクト・サービスの開発、市場開拓を行っていく。