大分県、高校生向けに宇宙や先端技術の講義などを行う「STEAMフェスタ」を1月31日にオンライン開催

宇宙科学技術等の先端科学技術分野を担う次世代人材の育成を目指そうと、大分県教育委員会は、1月31日(日)に県内の高校生向けにオンラインで宇宙や先端技術の講義などを行う「STEAMフェスタ(協力:株式会社Barbara Pool)」を開催することを発表した。

STEAM教育とは、現代社会の課題を解決する力を養う新しい教育モデル。

全国に先駆け、昨年、大分県教育委員会では、長期教育推進計画で県内の高校や小中学校でSTEAM教育を取り入れた教育モデルを実践する方針を決定した。

アジア初となる大分空港のスペースポート化構想も踏まえ、先端技術を活用できる次世代人材の育成を推進する。

県内20校およそ150名の高校1〜2年生が、SDGs6番・水に関連した「THINK SPACE」「THINK OITA」の2コースのいずれかを選択して受講。

講座は、感染症対策として全てオンライン上で実施し、ポスト・コロナを見据えた新たな学びの機会を提供する。

「THINK SPACE」では、宇宙航空研究開発機構(JAXA)による講義を通じて、宇宙空間における水の起源や水の価値について考えるだけでなく、実際に国際宇宙ステーション(ISS)で使用されている素材を用いた実験を各学校で行ない、極限状態の宇宙でどのように水の循環が行われているのかを学ぶ。

「THINK OITA」では、Google Earthなどの衛星データや3Dマップを活用して地域の水の科学的・地理的特性を考えるとともに、デザイン思考を用いて課題解決するための発想力を養う。

先端科学技術や衛星データなどを使って、身近な「水」について探究的な学びを体験するだけでなく、柔軟な思考・発想力を養い、STEAM教育の推進や先端技術を活用できる分野横断的なクリエイティブ人材を育成する。

なお、このフェスタは運営協力を行なう株式会社Barbara Poolが採択された、経済産業省「学びと社会の連携促進事業(「未来の教室」(学びの場)創出事業)」実証事業として、SDGs6番・水に関連したSTEAMコンテンツを県内の高校生に受講してもらい、コンテンツの学習効果を測定する。