共同編集できるビジュアルプログラミングツール『プログミー』東京大学運営のスタートアップ支援プログラムFoundXに採択

共同編集できるビジュアルプログラミングツール「プログミー」を提供する株式会社プログミー(本社:東京都文京区、代表取締役:石橋康大)は、東京大学が提供するスタートアップ向け支援プログラム「FoundX Founders Program」の2021年1月開始のバッチに採択されたことを発表した。

FoundX Founders Programについて

FoundX は東京大学の運営するスタートアップ支援プログラム。

シード期以前のチームや個人を対象としたインセプションプログラムを提供する。

これからスタートアップを始める東京大学・東京大学大学院の卒業生・研究者向けに、東京大学の起業家コミュニティへのアクセスと無償の支援を提供する。

中でもFounders Program はすでにアイデアを持つチームに向けた、最大9か月間のプログラム。

個室と起業家コミュニティを提供することで、起業家に囲まれる環境を作り、起業家としての成長と事業進捗を支援する。

共同編集できるビジュアルプログラミングツール「プログミー」とは

プログミー活用例

プログミーは、リアルタイムで共同編集できるビジュアルプログラミングツール。

プログミーに同時にアクセスしているメンバーは共同でプログラミングできる。

特に、オンライン指導やグループワークを取り入れた指導などに最適で、プログラミングをより便利に楽しめる。